近世日本国民史  [第18] (元録時代 中巻(義士篇))

徳富猪一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 元祿時代の泰平氣分 / 1
  • 第二章 淺野家と吉良家 / 21
  • 第三章 復讐事件の發端 / 55
  • 第四章 赤穗開城 / 75
  • 第五章 大石良雄 / 105
  • 第六章 復讎評定 / 131
  • 第七章 義徒江戶に集る / 165
  • 第八章 脫盟退避の徒 / 191
  • 第九章 四十六士の打入 / 229
  • 第十章 事件及事件後の觀察 / 271
  • 第十一章 義士に對する世間の同情 / 293
  • 第十二章 義士の處分 / 315
  • 第十三章 義士と模範的家族 / 351
  • 第十四章 義士否認論 / 389
  • 第十五章 義士是認論 / 415
  • 第十六章 元祿時代の士風 / 441
  • 第十七章 元祿時代の旗本 / 465
  • 第十八章 外人の見たる元祿時代 / 491
  • 年表及人物槪覽
  • 索引 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 近世日本国民史
著作者等 徳富 猪一郎
書名ヨミ キンセイ ニホン コクミンシ
書名別名 Kinsei nihon kokuminshi
巻冊次 [第18] (元録時代 中巻(義士篇))
出版元 民友社
刊行年月 1925
ページ数 520, 47p
大きさ 23cm
全国書誌番号
50006147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想