声とまなざし : 社会運動の社会学

アラン・トゥレーヌ 著 ; 梶田孝道 訳

社会の解体にいち早く注目し、新しい社会の創造とアクターに関する理論・方法論を提示した名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 人間たちが自らの歴史を創る
  • 1 社会運動(社会学の誕生
  • 社会学を超えて
  • 歴史的行為者
  • 社会運動
  • 歴史的闘争と国家)
  • 2 社会学的介入(対象と方法
  • グループ
  • 自己分析
  • 研究者
  • 介入の領域とその境界
  • 行為に奉仕するために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 声とまなざし : 社会運動の社会学
著作者等 Touraine, Alain
梶田 孝道
Tourine Alain
トゥレーヌ アラン
書名ヨミ コエ ト マナザシ : シャカイ ウンドウ ノ シャカイガク
書名別名 La voix et le regard
出版元 新泉社
刊行年月 2011.3
版表示 新装.
ページ数 370, 4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7877-1021-5
NCID BB0547415X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21903474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想