神道沿革史論

清原貞雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 發端 / 1
  • 第一編 原始神道期 / 3
  • 第一章 固有信仰の梗槪 / 3
  • 第二編 外國思想輸入期 / 47
  • 第一章 支那思想の輸入と其影響 / 49
  • 第二章 佛敎の輸入と其影響 / 75
  • 第三編 神儒佛混淆期 / 79
  • 第一章 神祇に關する制度の完成 / 79
  • 第二章 陰陽五行及讖諱說と神道 / 86
  • 第三章 支那傳來の神社 / 105
  • 第四章 神佛の混淆及本地垂迹說の起原 / 110
  • 第五章 神儒(道)佛三種混合の信仰 / 134
  • 第六章 佛神 / 201
  • 第四編 神道論發達期(上) / 214
  • 第一章 本地垂迹說の發達及其性質 / 214
  • 第二章 新に信仰の對象となれる神 / 243
  • 第三章 神道論の發達 / 248
  • 第四章 緣起作製の流行 / 276
  • 第五編 神道論發達期(下) / 281
  • 第一章 反本地垂迹說(根葉華實論) / 281
  • 第二章 神道說 / 283
  • 第三章 緣起作製の盛行 / 319
  • 第四章 天主敎の傳來と其影響 / 320
  • 第六編 儒敎神道復古神道及び敎祖神道勃興期 / 324
  • 第一章 吉田神道 / 325
  • 第二章 吉川神道 / 328
  • 第三章 垂加神道 / 330
  • 第四章 伊勢神道 / 340
  • 第五章 土御門神道(安倍神道) / 348
  • 第六章 伯家神道 / 350
  • 第七章 其他の神道說 / 352
  • 第八章 儒學者の神道說 / 359
  • 第九章 心學派の神道說 / 373
  • 第十章 佛敎神道及佛家の神道論 / 375
  • 第十一章 復古神道派の興起 / 392
  • 第十二章 復古神道の氣勢及復古派の反駁 / 417
  • 第十三章 德川末期に於ける獨立の神道學者 / 421
  • 第十四章 敎祖神道の發達 / 424

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 神道沿革史論
著作者等 清原 貞雄
書名ヨミ シントウ エンカクシ ロン
書名別名 Shinto enkakushi ron
出版元 大鐙閣
刊行年月 1920
版表示 3版
ページ数 466p
大きさ 23cm
NCID BN10745614
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
50005189
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想