少年文学  第三十一編

大橋新太郎 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ◎秀吉生前の淸正
  • (一)虎之助時代
  • ◎第一 虎之助の幼時 / 1p
  • ◎第二 伏勢を前知して半弓を射る / 5p
  • ◎第三 冠山の城一番乘 / 6p
  • ◎第四 秀吉手づからの感狀 / 8p
  • ◎第五 武功を讓りて首を取らず / 10p
  • ◎第六 我に名馬あり膝栗毛 / 12p
  • ◎第七 七本槍の一人 / 14p
  • ◎秀吉生前の淸正
  • (二)主計頭時代
  • ◎第一 二十六人を一時に倒す / 15p
  • ◎第二 三千石より飛んで廿五萬石 / 16p
  • ◎第三 淸正熊本城に入る / 18p
  • ◎第四 十文字の鎗片鎌と成る / 20p
  • ◎第五 天草の一揆滅亡す / 26p
  • ◎第六 朝鮮征伐の內意 / 29p
  • ◎第七 故鄕中村に歸る / 30p
  • ◎第八 征韓の大評定 / 31p
  • ◎秀吉生前の淸正
  • (三)遠征の淸正(上)
  • ◎第一 南無妙法蓮華經の旗 / 33p
  • ◎第二 入韓の第一戰 / 36p
  • ◎第三 木綿を燒拂ひて軍令を正す / 37p
  • ◎第四 我は南大門より進まん / 38p
  • ◎第五 漢江を渡る / 40p
  • ◎第六 向ふ處敵なし王城に入る / 42p
  • ◎第七 進むべし[ススムベシ] / 43p
  • ◎第八 二王子を生擒る / 46p
  • ◎第九 印章を押して危難を逃る / 48p
  • ◎第十 兀良哈を攻む / 50p
  • ◎第十一 兀良哈の大軍を追拂ふ / 51p
  • ◎第十二 再び大軍を追拂ふ / 54p
  • ◎第十三 四道將軍を擒にす / 55p
  • ◎第十四 遙に富岳を望む / 56p
  • ◎第十五 無禮を詰問して三人を斬る / 58p
  • ◎第十六 書を直茂に與ゆ / 60p
  • ◎第十七 厲聲一番明使に答ふ / 63p
  • ◎第十八 死を决して吉州に向ふ / 67p
  • ◎第十九 傳奏館を陷る / 70p
  • ◎第二十 開城府の曉驅明軍を破る / 71p
  • ◎第廿一 兩王子を放す / 75p
  • ◎第廿二 龜甲車を造りて晋州城を陷る / 77p
  • ◎第廿三 侫人の讒言淸正の閉居 / 81p
  • ◎秀吉生前の淸正
  • (四)遠征の淸正(下)
  • ◎第一 伏見大地震淸正の登城 / 85p
  • ◎第二 中門の警護三成を拒む / 89p
  • ◎第三 伏見城の申開き二ケ條 / 90p
  • ◎第四 再渡朝鮮蔚山に城く / 94p
  • ◎第五 義を重んじて舟行蔚山に入る / 95p
  • ◎第六 蔚山飢渴の籠城 / 99p
  • ◎第七 敵將揚鎬と决鬪せんとす / 101p
  • ◎第八 一步も退く事勿れ / 102p
  • ◎第九 大閤薨去和軍の引上 / 103p
  • ◎秀吉死後の淸正
  • 內治の淸正
  • ◎第一 征韓の諸將博多に集る / 106p
  • ◎第二 家康の養女を娶る / 108p
  • ◎第三 秀吉の葬式に列す / 109p
  • ◎第四 淸正の心事 / 110p
  • ◎第五 淸正家康に說く / 113p
  • ◎第六 宇土を攻めて城兵を諭す / 114p
  • ◎第七 四民安撫に心を盡す / 115p
  • ◎第八 從五位侍從に任せらる / 116p
  • ◎第九 豐德兩家の和合に苦慮す / 117p
  • ◎第十 秀賴上洛の大評定 / 118p
  • ◎第十一 秀賴を守護して上洛す / 120p
  • ◎第十二 淸正の終焉 / 122p
  • ◎逸事 / 124p
  • ◎總論 / 136p
  • ◎附記 / 143p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 少年文学
著作者等 大橋 新太郎
書名ヨミ ショウネン ブンガク
書名別名 第10編 親の恩 / 三昧道人

第11編 紀文大尽 / 村井弦斎

第12編 大石良雄 一名・蓄積力 / 原抱一庵

第13編 暑中休暇 / 巌谷小波

第14編 近江聖人 / 村井弦斎

第15編 河村瑞賢 / 太華山人

第16編 甲子待 / 南新二

第17編 太閤秀吉 / 太華山人

第18編 徳川家康 / 矢部五洲

第19編 侠黒児 / 尾崎紅葉

第20編 みちのく長者 / 幸堂得知

第21編 新太郎少将 / 太華山人

第22編 頼山陽 / 三宅青軒

第23編 上杉鷹山公 / 渡部乙羽

第24編 菅相丞 / 遅塚麗水

第25編 日蓮上人 / 幸田露伴

第26編 五少年 / 中村花痩

第27編 二代忠孝 / 武田仰天子

第28編 平賀源内 / 水谷不倒

第29編 高山彦九郎 / 村上浪六

第2編 二人むく助 / 尾崎紅葉

第30編 寧馨児 / 石橋思案

第31編 加藤清正 / 江見水蔭

第32編 契沖阿闍梨 / 宇田川文海

第3編 今弁慶 / 江見水蔭

第4編 維新三傑 / 北村紫山

第5編 雨の日ぐらし / 山田美妙

第6編 宝の山 / 川上眉山

第7編 二宮尊徳翁 / 幸田露伴

第8編 姉と弟 / 矢崎嵯峨の舎

第9編 当世少年気質 / 巌谷小波

第1編 こがね丸 / 巌谷漣

Shonen bungaku
巻冊次 第三十一編
出版元 博文館
刊行年月 明24-29
ページ数 32冊
大きさ 19cm
全国書誌番号
41018117
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想