八幡船

柴田賢一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 八幡船の民族的意義 / (3)
  • 日本民族の昻揚と海洋 / (3)
  • 八幡船の意義 / (5)
  • 八幡船と私貿易 / (11)
  • 歪められたる役割 / (18)
  • 八幡船活躍の原因 / (24)
  • 八幡船と私掠船 / (28)
  • 八幡船を支配した諸豪族 / (33)
  • 能島由來書 / (38)
  • 島津氏と宗像氏 / (41)
  • 第二章 八幡船時代の槪觀 / (44)
  • 朝鮮より支那へ / (44)
  • 勘合貿易の開始 / (47)
  • 義持の對明政策 / (49)
  • 勘合貿易の復活 / (51)
  • 室町末期の混亂 / (53)
  • 八幡船極盛期來る / (61)
  • 主要對明貿易品 / (64)
  • 南方よりの輸入品 / (66)
  • 八幡船時代去る / (66)
  • 鎖國令下る / (70)
  • 鎖國後の密貿易 / (77)
  • 第三章 朝鮮に於ける八幡船 / (80)
  • 米と農民の掠取 / (80)
  • 八幡船と日鮮交涉 / (84)
  • 堂々たる水軍 / (88)
  • 李成桂の登場 / (91)
  • 勇將阿只拔都 / (95)
  • 猶ほ續く八幡船の活躍 / (98)
  • 朝鮮人の送還 / (101)
  • 喜吉の日鮮條約 / (107)
  • 第四章 支那に於ける八幡船 / (110)
  • 天龍寺船の派遣 / (110)
  • 八幡船銳鋒を現す / (112)
  • 征西大將軍宮の意氣 / (114)
  • 義滿の對明貿易 / (119)
  • 支那人の送還 / (122)
  • 海寇再び熾となる / (124)
  • 八幡船猖獗を極む / (127)
  • 八幡船と支那奸民 / (131)
  • 海賊王汪直と徐海 / (135)
  • 興化城の戰 / (148)
  • 南支那に於ける活躍の揷話 / (149)
  • 阿媽の仇を長崎で討つ / (154)
  • 日本人を傭ふ / (157)
  • 明の八幡船防禦策 / (160)
  • 第五章 南洋に於ける八幡船 / (166)
  • 南洋とゴレー人 / (166)
  • 勇敢さ世界無比 / (175)
  • 呂宋助左衞門 / (179)
  • フイリツピンの眞發見者 / (183)
  • シオコの船隊 / (186)
  • 日本人タイフサ / (188)
  • 西村太郞右衞門 / (192)
  • 日本人五平 / (195)
  • ダヴイスと八幡船 / (198)
  • 第六章 鎖國後の密貿易 / (205)
  • 密貿易盛んとなる / (205)
  • 伊藤小左衞門の處刑 / (206)
  • 末次平藏の處刑 / (209)
  • 初代末次平藏 / (214)
  • 濱田彌兵衞の登場 / (217)
  • 臺灣事件の眞相 / (219)
  • 享保三年の禁令 / (322)
  • 先生金右衞門の就縛 / (226)
  • 錢屋五兵衞の處刑 / (228)
  • 第七章 八幡船の戰法と航海法 / (230)
  • 胡蝶陣と長蛇陣 / (230)
  • 得意とするは白兵戰 / (232)
  • 八幡船と海戰 / (235)
  • 風の利用による航法 / (238)
  • 河野氏の乘船 / (241)
  • 第八章 八幡船と文化 / (245)
  • 八幡船と日鮮支文化の交流 / (245)
  • 八幡船畏怖の明詩文 / (249)
  • 八幡船の文學 / (255)
  • 綠野仙踪 / (258)
  • 謠曲唐船 / (270)
  • 近松門左衞門の文献 / (274)
  • 門左衞門の海洋作品 / (275)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 八幡船
著作者等 志摩 達夫
柴田 賢一
書名ヨミ バハンセン
書名別名 Bahansen
出版元 興亜日本社
刊行年月 1942
ページ数 282p
大きさ 19cm
NCID BN13444909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60013503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想