倭寇記

竹越与三郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 著者序文 / 1
  • 一、倭寇記槪說 / 3
  • 如何なる動機か / (6)
  • 上海の起源 / (9)
  • 二、倭寇東洋全體に波及す / 19
  • 世界の歷史的地層は共通也 / (19)
  • 倭寇の起源 / (20)
  • 倭寇先づ高麗を苦しむ / (22)
  • 倭寇騎兵を用ふ / (24)
  • 朝鮮倭寇と和約す / (25)
  • 倭寇支那に向ふ / (27)
  • 倭寇の船 / (29)
  • 倭寇の求むる所は金銀 / (30)
  • 倭寇の戰法 / (31)
  • 倭寇の和戰兩樣の準備 / (34)
  • 貢と抄 / (36)
  • 倭寇の曲また民人にあり / (38)
  • 倭寇は明人との合辨事業 / (39)
  • 倭寇の弱點船の小弱にあり / (40)
  • 倭寇の下通商の泉流る / (44)
  • 問題は錢にあり / (47)
  • 義滿が貿易の利を得んとするの心 / (49)
  • 最大なる倭寇 / (52)
  • 倭寇の慘は日本の爲にあらず / (55)
  • 倭寇自身の記錄 / (56)
  • 倭寇風に乘ず / (59)
  • 倭寇の文學 / (60)
  • 倭寇の取りし金銀 / (63)
  • 陽に貢使、陰に倭寇 / (65)
  • 倭寇と大內氏 / (67)
  • 倭寇は幾何の金銀を齎らしたるか / (70)
  • 倭寇とノルマン / (72)
  • 南北朝以後に於ける朝鮮及支那に對する倭寇年表 / 73
  • 明代に於ける倭寇年表 / 77
  • 三、海外に於ける日本人の廣布 / 109
  • 倭寇衰へて御朱印船起る / (109)
  • 明に傭れた倭寇 / (111)
  • 南洋に於ける倭寇 / (115)
  • 海賊艦隊の組織 / (118)
  • 日明海賊の聯合艦隊 / (119)
  • 秀吉ヒリッピンを取らんとす / (123)
  • マニラに於ける日本殖民地 / (127)
  • マニラ日本人の狀態 / (129)
  • マニラ支那人の叛亂 / (131)
  • マニラ日人と西人の衝突 / (134)
  • 日本人五平 / (135)
  • 日本海賊ダヴィスを殺す / (137)
  • 天主敎マニラに逃る / (140)
  • バタニの日本人 / (141)
  • 英人初めて日本を知る / (143)
  • 英人貿易の失敗 / (146)
  • シヤムに於ける山田長政 / (148)
  • 山田長政の千貫目の銀 / (152)
  • 長政と王后の爭 / (153)
  • 日本人悉く退去す / (155)
  • 日本人の絕滅 / (158)
  • 八人の日本人 / (159)
  • 日本人のシヤムに集る原因 / (161)
  • 希臘人總理大臣となる / (163)
  • フオルコンの妻は日本人 / (164)
  • ジヤヴアに於ける日本人 / (168)
  • カンポジヤの日本人 / (170)
  • 南方諸洲は日本人の故鄕 / (173)
  • 當時海客の意氣 / (175)
  • 角倉船の主人 / (176)
  • 天竺德兵衞 / (178)
  • 幾多の冐險子 / (179)
  • 日本人は何を望みしか / (180)
  • 在外日本人最後の悲鳴 / (183)
  • 四、マドロシズム / 185
  • マドロシズムの宣傳 / (185)
  • 海賊大將軍とプリベティーア / (188)
  • 英國のマドロシズム / (190)
  • マドロシズムと海洋文學 / (192)
  • 五、若し國家の後援ありせば / 194
  • 倭寇と「ぱはん」 / (194)
  • ジョン・ダビス / (196)
  • 日本人と暹羅 / (198)
  • 國家の後援があつたら / (199)
  • 無形の海軍 / (200)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 倭寇記
著作者等 竹越 与三郎
書名ヨミ ワコウキ
書名別名 Wakoki
出版元 白揚社
刊行年月 1938 3版
ページ数 200p 図版
大きさ 18cm
NCID BN04875116
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57012721
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想