天災と対策 : 史的研究

本庄栄治郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緖論 / 1
  • 第一節 自然の人類に及ぼす影響 / 1
  • 一 自然と人類との關係 / 1
  • 二 自然が人類に及ぼす影響 / 2
  • 第二節 人類の自然に及ぼす影響 / 5
  • 一 自然と人力 / 5
  • 二 自然克服の手段 / 7
  • 三 自然克服の意義 / 15
  • 第三節 自然の災害 / 17
  • 一 天災 / 17
  • 二 天災と人力 / 19
  • 三 天災の頻發せし明和天明時代 附 安政年間の災異 / 23
  • 四 說述の範圍 / 26
  • 第二章 飢饉 / 29
  • 第一節 我國古來の飢饉 / 29
  • 一 槪說 / 29
  • 二 慶長以前の大飢饉 / 31
  • 三 近世以後の飢饉 / 34
  • 第二節 近世の三大飢饉 / 39
  • 一 德川時代に於ける貴糓思想 / 39
  • 二 享保の飢饉と對策 / 42
  • 甲 凶荒被害 / 42
  • 乙 救濟策 / 45
  • 三 天明の飢饉と對策 / 55
  • 甲 飢饉の慘狀及び打毁 / 55
  • 乙 救濟策 / 62
  • 四 天保の飢饉と對策 / 67
  • 甲 飢饉 / 67
  • 乙 救濟策 / 75
  • 五 代用食物 / 78
  • 六 飢饉と近世の人口 / 81
  • 第三節 飢饉と貯糓 / 87
  • 一 近世における貯糓 / 87
  • 二 近世の社倉及び義倉 / 93
  • 第三章 地震 / 98
  • 第一節 我國古來の震災 / 98
  • 一 槪說 / 98
  • 二 慶長以前の大震 / 99
  • 三 近世の大震 / 100
  • 四 明治の大震 / 105
  • 第二節 近世江戶に於ける大震 / 109
  • 一 槪說 / 109
  • 二 元祿十六年の震災と對策 / 111
  • 三 安政二年の震災と對策 / 115
  • 甲 震災 / 115
  • 乙 應急策 / 123
  • 丙 復舊策 / 132
  • 丁 震災と影響 / 138
  • 第三節 近世近畿地方の大震 / 141
  • 一 槪說 / 141
  • 二 寳永四年の震災 / 143
  • 三 安政元年十一月の震災 / 145
  • 第四章 火災 / 150
  • 第一節 我國古來の大火 / 150
  • 一 槪說 / 150
  • 二 近世京都の大火 / 152
  • 三 近世大阪の大火 / 155
  • 第二節 近世江戶の大火 / 161
  • 一 槪說 / 161
  • 二 明曆の大火と對策 / 167
  • 甲 振袖火事 / 167
  • 乙 應急策 / 171
  • 三 明和の大火と對策 / 176
  • 四 文化の大火と對策 / 180
  • 第三節 近世江戶の防火政策 / 185
  • 一 緖言 / 185
  • 二 防火設備 / 187
  • 三 消防制度 / 200
  • 第五章 疫病 / 206
  • 第一節 我國古來の疫病 / 206
  • 一 疫病と迷信 / 206
  • 二 古來の疫病 / 209
  • 第二節 疱瘡 / 210
  • 第三節 虎列刺 / 214
  • 一 第一次の流行 / 214
  • 二 第二次の流行 / 215
  • 三 第三次の流行 / 223
  • 第六章 天災と諷刺文學 / 225
  • 第一節 諷刺文學 / 225
  • 一 讀賣と落首と諷刺畵 / 225
  • 二 落首諷刺畵の意義 / 231
  • 第二節 天災に因める諷刺 / 233
  • 一 飢饉 / 234
  • 二 地震 / 237
  • 三 火災 / 241
  • 四 疫病 / 247
  • 索引 / (1)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 天災と対策 : 史的研究
著作者等 本庄 栄治郎
書名ヨミ テンサイ ト タイサク : シテキ ケンキュウ
書名別名 Tensai to taisaku
シリーズ名 学術叢書 ; 第2篇
出版元 大阪毎日新聞社
刊行年月 1924
ページ数 250p 図版10枚
大きさ 19cm
NCID BN09018179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54006157
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想