金融危機のレギュラシオン理論 : 日本経済の課題

宇仁宏幸, 山田鋭夫, 磯谷明徳, 植村博恭 著

2008年のリーマン・ショックに始まる世界金融危機による構造変動を見据えつつ、日本経済に焦点を当て、レギュラシオン理論に基づいて望ましい進路とそれに必要な制度改革の内容を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 世界金融危機の構図と歴史的位相(資本主義の調整と危機
  • 構造的危機の世界史 ほか)
  • 第2章 日本経済の制度変化と成長体制:新たな構造的危機へ…(日本資本主義の成長体制の転換を振り返る
  • 構造的不況「失われた十年」の成長体制と制度変化 ほか)
  • 第3章 日本経済はどのように調整されているか(一九九〇年代以降の日本の調整様式
  • 社会保障の調整-弱い国民連帯と先送りされる制度改革 ほか)
  • 第4章 日本的企業システムの変容と進化(日本的企業システムとは何か
  • 日本的企業システムの変化の始動:一九八〇年代後半から九〇年代前半まで ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 金融危機のレギュラシオン理論 : 日本経済の課題
著作者等 宇仁 宏幸
山田 鋭夫
植村 博恭
磯谷 明徳
書名ヨミ キンユウ キキ ノ レギュラシオン リロン : ニホン ケイザイ ノ カダイ
書名別名 Kin'yu kiki no regyurashion riron
出版元 昭和堂
刊行年月 2011.3
ページ数 243, 5p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-8122-1080-2
NCID BB05020141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21903008
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想