静岡県史  苐三卷

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第六編 平安時代及び鎌倉初期
  • 槪說 / 1
  • 第一 時代的範圍 / 1
  • 第二 各章の梗槪 / 4
  • 第一章 地名及び交通 / 39
  • 第一節 地名 / 39
  • 第二節 驛傳の制度 / 58
  • 第三節 鎌倉幕府の交通政策 / 89
  • 第四節 淸見關と橫走關 / 101
  • 第五節 東海道 / 117
  • 第六節 伊豆路甲斐路信濃路 / 166
  • 第七節 海上交通 / 175
  • 第二章 政治の變遷 / 189
  • 第一節 國郡衙所在地の盛衰 / 189
  • 第二節 國郡司制度の崩壞 / 199
  • 第三節 地方政治の頽廢 / 235
  • 第四節 國郡司表 / 243
  • 第三章 經濟の推移 / 267
  • 第一節 租調庸雜稅 / 267
  • 第二節 損田飢疫とその救濟 / 296
  • 第三節 國用の負擔 / 304
  • 第四章 庄園の普及 / 313
  • 第一節 遠駿豆の庄園槪觀 / 313
  • 第二節 遠江國池田庄 / 330
  • 第三節 庄園の紛糾 / 353
  • 第四節 御厨御園 / 365
  • 第五章 武家の勃興 / 397
  • 第一節 健兒征夷武具 / 397
  • 第二節 武家の發生 / 410
  • 第三節 諸戰亂の影響 / 438
  • 第四節 氏姓苗字及び系圖 / 452
  • 第六章 源賴朝の覇業 / 471
  • 第一節 配流 / 471
  • 第二節 伊豆の賴朝とその周圍 / 504
  • 第三節 平氏討伐 / 527
  • 第四節 武家政治の確立 / 565
  • 第七章 諸氏の隆替 / 577
  • 第一節 賴朝の操縱 / 577
  • 第二節 諸氏の抗爭 / 596
  • 第三節 承久の亂と遠駿豆 / 623
  • 第四節 武士道の發達 / 646
  • 第八章 災異の影響と奇瑞 / 669
  • 第一節 平穩なる遠江 / 669
  • 第二節 富士山の噴火と淺間信仰 / 671
  • 第三節 伊豆海島の變異と卜占 / 677
  • 第四節 奇瑞 / 684
  • 第九章 神社 / 687
  • 第一節 遠駿豆神社一覽 / 687
  • 第二節 著名神社 / 729
  • 第三節 神社の變遷 / 778
  • 第十章 佛寺 / 795
  • 第一節 槪觀 / 795
  • 第二節 著名寺院 / 842
  • 第三節 僧侶 / 926
  • 第十一章 佛敎遺物 / 957
  • 第一節 佛像 / 958
  • 第二節 佛畵 / 979
  • 第三節 寫經 / 982
  • 第四節 經塚遺物 / 995
  • 第五節 其他 / 1013
  • 第六節 小結 / 1023
  • 第十二章 餘說 / 1029
  • 第一節 詩歌と名勝 / 1029
  • 第二節 宿と長者女 / 1055
  • 第三節 傀儡子相撲采女 / 1064
  • 靜岡縣史年表 第二 / 1075

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 静岡県史
著作者等 静岡県
書名ヨミ シズオカ ケンシ
巻冊次 苐三卷
出版元 静岡県
刊行年月 1930-1936
ページ数 3冊
大きさ 23cm
NCID BN0294113X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73015366
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想