監督ウイリアムス師伝

元田作之進 著

[目次]

  • 目次
  • 第壹編 監督の家庭と敎育
  • 一、家庭 二、母の感化 三、雜貨店の番頭 四、敎育 / 1
  • 第貳編 支那傳道
  • 一、上海來任 二、支那語硏究 三、巡回傳道 四、巡回傳道日誌 五、常熟傳道開始 / 7
  • 第三編 日本傳道の紀元(上)
  • 一、開國の曙光 二、ペルリの來航 三、神奈川條約 四、タウセントハリス渡來 五、日米條約議定 六、米艦一士官の書信 七、監督ブーン師日本傳道の急務を訴ふ / 20
  • 第四編 日本傳道の紀元(中)
  • 一、日米條約調印 二、タウセント、ハリス 三、我國最初の新敎公禮拜式 四、タウセント、ハリスの書簡 / 31
  • 第五編 日本傳道の紀元(下)
  • 一、日本傳道に對する興味 二、米國聖公會傳道局總會の決議 三、總會決議の反響 四、任命當時のリギンス氏ウイリアムス氏 / 42
  • 第六編 長崎時代(上)
  • 一、ウイリアムス師の來任 二、當時我國の狀態 三、德川幕府の敎徒迫害、四、禁敎の法令 五、日本に來る宣敎師の資格 六、傳道の困難 七、日本語の硏究と飜譯 八、來訪者 九、傳道の方針 / 52
  • 第七編 長崎時代(中)
  • 一、政治上の狀態 二、同勞者リギンス氏 三、宣敎醫師シユミツト氏 四、女敎師カノヴアー孃 五、最初の新敎々會堂 六、聖公會第一の受洗者 / 73
  • 第八編 長崎時代(下)
  • 一、米國聖公會總會の決議 二、師の歸米 三、監督聖別式 四、滯米中の監督 五、支那に歸任 六、日本傳道 七、熱切なる要求 / 96
  • 第九編 大阪時代
  • 一、大阪傳道開始 二、維新政府の敎徒迫害 三、邪宗門禁制の撤去 四、基督敎解禁と監督の盡力 五、日本專任監督 / 111
  • 第十編 東京時代
  • 一、傳道事業の發展 二、監督在職中の宣敎師 三、東京傳道 四、地方巡回と按手式 五、監督と敎育 六、日本聖公會の組織 七、日本聖公會第一總會 八、信敎の自由 九、監督の退職 / 128
  • 第十一編 京都時代
  • 一、京都地方に於ける活動 二、老衰 三、歸國休養 四、聖約翰敎會建設 五、博士ロイド氏日本傳道視察談の一節 六、最後の巡回 七、日本聖公會第九回總會の決議 八、五十年の回顧 九、米國聖公會監督會議の決議 十、最後の歸國 十一、歸國の理由 十二、橫濱出帆 / 152
  • 第十二編 歸國後の監督
  • 一、橫濱出帆後及航海中の監督 二、ハリソン氏邸に於ける監督 三、ジヨストンウイリス醫院に入院 四、監督の永眠 五、葬儀 / 168
  • 第十三編 監督の人格
  • 一、監督の品性 二、監督の生活 三、監督の衣服 四、監督の食事 五、監督の住宅 六、監督の節儉 七、献金と救恤 八、傳道者たる監督 九、勤勉精勵 十、說敎 十一、祈禱の人 十二、温和厚情 十三、忍耐寬容 十四、勇敢剛毅 十五、嚴正謹直 十六、威風温容 十七、諧謔滑稽 十八、雀を養ふ 十九、寫眞と肖像畵 / 179
  • 第十四編 監督の記錄と著述
  • 一、日本及日本語の硏究 二、飜譯 三、著述 / 226
  • 第十五編 紀念
  • 一、紀念禮拜 二、監督ウイリアムス師奬學金 三、故監督追幕碑並に傳記出版 四、献碑式 五、傳記出版 / 239
  • 附錄
  • 信徒の義務 / 261
  • 編制 / 269
  • 法規 / 271

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 監督ウイリアムス師伝
著作者等 元田 作之進
書名ヨミ カントク ウイリアムス シ デン
出版元 京都地方部故ウイリアムス監督紀念実行委員事務所
刊行年月 1914
ページ数 279p 図版
大きさ 23cm
NCID BA52285687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55007153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想