我が国に於ける塩の需給と関東州の塩業

南満洲鉄道株式会社庶務部調査課 編

南満洲鉄道大正15年刊の再刊;折り込図・表22枚

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 緖言 / (1)
  • 第二章 沿革 / (9)
  • 第三章 鹽田 / (12)
  • 第一節 鹽田開設の功程 / (12)
  • 第二節 鹽田の所在とその面積 / (23)
  • 第四章 鹽田の構造 / (29)
  • 第一節 槪觀 / (29)
  • 第二節 鹽田局部の構造と其の用途 / (33)
  • 第三節 鹽田築造費 / (36)
  • 第四節 各鹽田の一般狀態 / (37)
  • 第五章 生產 / (42)
  • 第一節 生產高 / (42)
  • 第二節 大正十三年主要鹽田一町步當採鹽高 / (47)
  • 第三節 各鹽田の生產能力 / (67)
  • 第六章 品質 / (73)
  • 第七章 用途 / (77)
  • 第八章 製鹽方法 / (81)
  • 第一節 天日製鹽法の特徵 / (81)
  • 第二節 製鹽の時期 / (82)
  • 第三節 製鹽作業と其の順序 / (83)
  • 第四節 品質の改善と木盤式製鹽 / (94)
  • 第九章 鹽夫及採鹽器具 / (97)
  • 第一節 把頭及鹽夫 / (97)
  • 第二節 採鹽噐具 / (99)
  • 第十章 生產費 / (102)
  • 第十一章 採鹽後の處理 / (105)
  • 第一節 鹽の貯藏狀態 / (105)
  • 第二節 鹽蓋 / (105)
  • 第三節 貯鹽場 / (106)
  • 第十二章 鹽田の經營 / (110)
  • 第一節 經營の方法 / (110)
  • 第二節 置上小作法 / (110)
  • 第三節 自作方法 / (111)
  • 第四節 鹽田經營の內容 / (112)
  • 第五節 小作制度に就て / (116)
  • 第十三章 州鹽の賣買取引 / (121)
  • 第十四章 鹽價 / (124)
  • 第十五章 販路 / (129)
  • 第一節 州鹽販路開拓の經緯 / (129)
  • 第二節 最近に於ける販銷狀態 / (136)
  • 第十六章 搬出及積込狀態 / (141)
  • 第一節 槪觀 / (142)
  • 第二節 貔子窩鹽田の搬出及積込 / (142)
  • 第三節 普蘭店鹽田の搬出及積込 / (145)
  • 第四節 五島鹽田の搬出及積込 / (145)
  • 第五節 雙島灣鹽田其他に於ける搬出及積込 / (147)
  • 第六節 搬出及本船積込諸掛 / (148)
  • 第十七章 輸移出手續 / (154)
  • 第一節 槪觀 / (154)
  • 第二節 鹽田から輸移出する場合 / (155)
  • 第三節 貯鹽場から輸移出する場合 / (156)
  • 第四節 輸移出入鹽の取締と其の覽視區域 / (157)
  • 第十八章 輸移出狀態 / (160)
  • 第一節 輸出業者 / (160)
  • 第二節 日本への輸出 / (161)
  • 第三節 朝鮮への輸出 / (170)
  • 第四節 露領沿海州其他への輸出 / (177)
  • 第五節 輸出奬勵と其の實績 / (178)
  • 第六節 州內移出 / (180)
  • 第七節 州鹽創業以來の輸移出功程と最近の實績 / (182)
  • 第十九章 再製及加工業 / (187)
  • 第一節 槪觀 / (187)
  • 第二節 再製工場と其の製造能力 / (189)
  • 第三節 再製鹽製造高 / (192)
  • 第四節 再製鹽の輸移出 / (195)
  • 第二十章 州鹽將來に於ける供給力 / (201)
  • 第一節 既成及開設中の鹽田面積と產鹽見込高 / (232)
  • 第二節 將來に於ける鹽田面積とその產鹽豫想高 / (202)
  • 第二十一章 內地に於ける鹽の生產及需給狀態 / (206)
  • 第一節 槪觀 / (206)
  • 第二節 鹽田面積と其の生產高 / (208)
  • 第三節 製鹽方法及生產費 / (210)
  • 第四節 產鹽の處分 / (213)
  • 第五節 需要高 / (217)
  • 第六節 不足高補充狀態と輸移入數量 / (226)
  • 第二十二章 朝鮮に於ける鹽の生產及需給狀態 / (233)
  • 第一節 槪觀 / (233)
  • 第二節 鹽田面積及生產高 / (236)
  • 第三節 現在及將來に於ける生產能力 / (244)
  • 第四節 需要不足高補充狀況と輸移入數量 / (246)
  • 第五節 鮮內產鹽と輸入鹽の市場相場 / (252)
  • 第六節 輸移出狀態 / (257)
  • 第二十三章 臺灣に於ける鹽の生產とその供給力 / (260)
  • 第一節 槪觀 / (260)
  • 第二節 鹽田面積と其の生產高 / (261)
  • 第三節 輸移出高と今後の供給力 / (263)
  • 第二十四章 結言 / (267)
  • 附錄 關東州鹽業諸法規

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 我が国に於ける塩の需給と関東州の塩業
著作者等 南満州鉄道株式会社
南満洲鉄道株式会社庶務部調査課
書名ヨミ ワガ クニ ニ オケル シオ ノ ジュキュウ ト カントウシュウ ノ エンギョウ
シリーズ名 満鉄調査資料 ; 第51編
出版元 大阪自由通商協会
刊行年月 1929.11
ページ数 284, 32p
大きさ 23cm
全国書誌番号
78028381
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想