團體交渉權正解 : 附「大電爭議批判」

金子徳申 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ▲豫備篇
  • 一、語原と譯語の混雜せる理由 / (1)
  • 二、交涉權の舊意義と新意義 / (5)
  • 三、『大阪朝日』論說子の誤解 / (8)
  • 四、賀川豐彥氏の所論を駁す(其一) / (13)
  • 五、賀川豐彥氏の所論を駁す(其二) / (19)
  • ▲骨子篇
  • 一、輕卒に交涉權の承認され難き所以 / (27)
  • 二、組合に加盟せざる勞働者排斥手段としての交涉權と憲法違反 / (32)
  • 三、代表權否認問題に關する對策としての交涉權問題 / (36)
  • 四、資本家が逆襲手段として案出した『オープン、シヨツプ』の運動 / (41)
  • 五、原料供給拒絕と從業拒絕の實力的對戰の現狀 / (45)
  • 六、これを日本の現狀に照合して誰か苦笑を禁じ能ふ者ぞ / (50)
  • 大電爭議批判
  • 第一章 資本家に與ふ
  • 一、何故に聲を大にして消燈を宣傳せざりしや / (57)
  • 二、何故に爭議の意味を對世間的に說明吹聽せざりしや / (60)
  • 三、資本家は結果に於て捷てり然れ共其態度は姑息なりき / (64)
  • 第二章 官憲に與ふ
  • 一、仲裁機關の組織に就て考量一番せよ / (69)
  • 二、『顏を立てる』と言ふが如き舊弊思想より脫却せよ / (72)
  • 三、勞働者と稱する者の分類と疑問の友愛會 / (76)
  • 四、代表權の正不正と多數者の利害及自由討論權問題 / (79)
  • 第三章 勞働者に與ふ
  • 一、要求條項の內容を精選する必要なきか=歸鄕旅費の矛盾 / (83)
  • 二、宣傳に馳せて理義の徹底を閑却せる浮ツ調子 / (88)
  • 三、爭議進行上必然に踏む可き順序と手續 / (93)
  • 四、支離滅裂なる第一及第二實行委員の關係に就て / (97)
  • 五、友愛會有志の介入行爲は不合理=何ぞ獨立の新行動を開始せざりしや / (101)
  • 六、全然結果を示さゞりし罷業 / (106)
  • 七、暴動に堕するは必然の運命 / (109)
  • 八、見事な敗北の跡を見よ=氣の毒なるは失業の犠牲者なり / (114)
  • 九、餘錄として / (117)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 團體交渉權正解 : 附「大電爭議批判」
著作者等 金子 徳申
書名ヨミ ダンタイ コウショウケン セイカイ
出版元 大阪日日新聞社
刊行年月 1921.8
版表示 増補第6版
ページ数 127p
大きさ 17cm
NCID BA66597327
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21360870
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想