支那仏教の研究

常盤大定 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 支那佛敎史大觀
  • 二 漢明求法說の硏究
  • 三 「四十二章經」につきて
  • 四 廬山の慧遠を中心として
  • 五 東晋時代の道安と僧朗と羅什、及び當時の佛敎思想
  • 六 隋の靈裕と三階敎の七階佛名
  • 七 天壽國について
  • 八 周末隋初に於ける菩薩佛敎の要求
  • 九 隋の天台大師の敎學、及び天台山の古今
  • 一〇 唐の杜順の法界觀
  • 一一 支那華嚴宗傳統論
  • 第一章 發端-問題の所在 / 311
  • 第二章 初祖杜順について / 314
  • 第三章 第二祖智儼について / 324
  • 第四章 第三祖法藏について / 334
  • 第五章 華嚴寺について / 345
  • 第六章 華嚴宗祖の撰述 / 351
  • 第七章 「纂靈記」と「華嚴傳記」 / 366
  • 第八章 結論 / 371
  • 一二 續華嚴宗傳統論
  • 第一章 境野氏說につきて / 379
  • 第二章 鈴木氏說につきて / 388
  • 第三章 覺洲の杜順初祖否定說につきて / 394
  • 第四章 杜順初祖說の根本資料につきて / 398
  • 第五章 「華嚴三昧觀」につきて / 413
  • 第六章 華嚴寺につきて / 422
  • 一三 「十住心論」を中心とする華嚴宗學の問題
  • 一四 唐の善導大師に關する問題
  • 一五 密敎の發源地たる唐の靑龍寺につきて
  • 一六 支那佛敎文化の種々相-石佛・石經について-

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那仏教の研究
著作者等 常盤 大定
書名ヨミ シナ ブッキョウ ノ ケンキュウ
出版元 春秋社松柏館
刊行年月 1941 2刷
ページ数 520p 図版
大きさ 22cm
NCID BN08944516
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54010187
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想