本邦儒学史論攷

大江文城 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一篇 儒學傳來の源委
  • 第一章 儒學の傳承 / 3
  • 第一節 緖說 / 3
  • 第二節 儒書の傳來と硏究 / 6
  • 第三節 宋儒新注書の傳來 / 9
  • 第二章 新古兩注の關涉 / 18
  • 第一節 家學と五山並に校學 / 18
  • 第二節 明經の新注書併取 / 25
  • 第二篇 宋儒新注統一の機運
  • 第一章 時代の推移 / 39
  • 第一節 緖說 / 39
  • 第二節 惺窩の新注首倡 / 40
  • 第三節 羅山の繼起 / 44
  • 第二章 經義論戰 / 48
  • 第一節 惺窩對羅山の主張 / 48
  • 第二節 羅山の旣讀書目 / 51
  • 第三章 點法問題 / 61
  • 第一節 文之一門と惺窩 / 61
  • 第二節 文之對恭畏の論爭 / 70
  • 第三篇 京學の首倡と林家松門
  • 第一章 京學の祖惺窩先生 / 81
  • 第一節 傳系 / 81
  • 第二節 學風並に著書 / 95
  • 第三節 敎育並に門流 / 106
  • 第二章 林家の祖羅山とその子孫 / 112
  • 第一節 傳系 / 112
  • 第二節 學風並に著書 / 120
  • 第三節 敎育並に門流 / 129
  • 第三章 松門の祖尺五とその子孫 / 135
  • 第一節 傳系 / 135
  • 第二節 學風並に著書 / 138
  • 第三節 敎育門流及び釋菜 / 144
  • 第四篇 江西學の興起と蕃岡二山
  • 第一章 江西學の祖藤樹先生 / 155
  • 第一節 傳系 / 155
  • 第二節 著書 / 168
  • 第三節 學術 / 171
  • 第四節 敎育並に門流 / 184
  • 第二章 蕃岡二山の傳承 / 196
  • 第一節 二山の傳系 / 196
  • 第二節 二山の著書 / 206
  • 第三節 二山の學術 / 209
  • 第四節 二山の敎育並に門流 / 217
  • 第五篇 崎門學の展開と門流の向背
  • 第一章 崎門學の祖闇齋先生 / 231
  • 第一節 傳系 / 231
  • 第二節 學風並に編著 / 238
  • 第三節 經說 / 245
  • 第四節 神儒二道 / 250
  • 第五節 敎育並に門流 / 259
  • 第二章 門下の分立と三家の向背 / 267
  • 第一節 篤信懷疑諸派 / 267
  • 第二節 三家の學風と著書 / 282
  • 第三節 三家の敎育と門流 / 293
  • 第六篇 堀河學の提唱と門下の同異
  • 第一章 堀河學の祖仁齋先生 / 315
  • 第一節 傳系 / 315
  • 第二節 學風並に著書 / 322
  • 第三節 學術 / 330
  • 第四節 敎育と家學の傳承 / 340
  • 第二章 束涯と蘭嵎 / 357
  • 第一節 兩家の經歷 / 357
  • 第二節 學風並に著書 / 359
  • 第三節 敎育並に門流 / 369
  • 第三章 並河天民 / 376
  • 第一節 傳系 / 376
  • 第二節 學風並に著書 / 379
  • 第三節 門下 / 387
  • 第七篇 蘐園社の擁立とその同人
  • 第一章 蘐園學の祖徂徠先生 / 393
  • 第一節 傳系 / 393
  • 第二節 學風並に著書 / 402
  • 第三節 學術 / 411
  • 第四節 蘐園社の同人 / 424
  • 第二章 蘐園儒學の後勁春臺 / 431
  • 第一節 文學派と儒學派 / 431
  • 第二節 著書並に門流 / 443
  • 第三章 蘐園學の投げた波紋 / 449
  • 第八篇 近世儒學興替の顚末
  • 第一章 巷間鬱興の儒學 / 465
  • 第一節 京師中心の諸派 / 465
  • 第二節 儒學中心の東移 / 483
  • 第二章 幕府並に諸藩の敎學 / 521
  • 第一節 林家登庸とその氏學 / 521
  • 第二節 木門並に蘐園の登庸 / 528
  • 第三節 異學の禁令と官學 / 533
  • 第四節 諸國藩學の動向 / 556

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 本邦儒学史論攷
著作者等 大江 文城
書名ヨミ ホンポウ ジュガクシ ロンコウ
書名別名 Honpo jugakushi ronko
出版元 全国書房
刊行年月 1944
ページ数 572p
大きさ 22cm
NCID BN04339765
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60012042
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想