独逸に於ける軍需工業の大勢

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 總論-軍需工業を中心とするドイツの一般的經濟狀勢 / 1
  • 第一節 ドイツの軍拡政策とその根據 / 1
  • 第二節 産業独占の歷史的意味 / 11
  • 第三節 合理化と生産活動 / 26
  • 第二章 石炭業 / 39
  • 第一節 石炭業の現狀概観 / 39
  • 一、品種别及地方别生産狀况 / 39
  • 二、炭鉱の狀况 / 43
  • 三、石炭価格 / 49
  • 四、輸出入狀况 / 50
  • 第二節 石炭シンヂケートの役割 / 56
  • 第三節 石炭の消費狀况 / 60
  • 一、副産物の生産 / 60
  • イ、煉炭 / 61
  • ロ、コークス・タール・ガス / 63
  • 二、原炭消費の配分 / 66
  • 三、ストツク / 69
  • 第三章 石油工業 / 71
  • 第一節 轉換期に立つドイツ石油工業 / 71
  • 一、原油資源の枯涸 / 71
  • 二、産額及需要 / 72
  • 三、油田及製油所 / 76
  • 第二節 石油政策 / 83
  • 一、國内增産 / 83
  • 二、輸入原油の精製 / 86
  • 第三節 液体燃料事業 / 87
  • 一、液体燃料計画の現狀 / 87
  • 二、生産原価 / 97
  • 三、生産会社概観 / 98
  • 第四章 鉄鋼業 / 101
  • 第一節 ドイツ鉄鋼業の現狀 / 101
  • 一、鉄鉱需給狀况 / 101
  • 二、ドイツ鉄鋼業の特質 / 108
  • 三、鉄鋼需給狀况 / 110
  • (1)ザールの地位 / 110
  • (2)ドイツの狀勢 / 112
  • 四、銑鉄、鋼塊、鑄鉄、圧延材 / 116
  • 第二節 鉄鋼シンヂケートの瞥見 / 126
  • 第五章 自動車工業 / 132
  • 第一節 自動車工業の再建 / 132
  • 一、政府の保護政策 / 132
  • 二、保有台数及生産 / 136
  • 三、輸出入及國内販賣 / 138
  • 四、使用燃料别自動車 / 143
  • 第二節 自動車製作会社 / 149
  • 一、自動車会社リスト / 149
  • 二、主要会社業績 / 164
  • 第六章 造船業 / 170
  • 第一節 ドイツ造船業の現狀 / 170
  • 一、造船高 / 170
  • 二、需要 / 174
  • 三、保有船舶噸数 / 177
  • 四、船令構成 / 179
  • 五、造船所 / 181
  • 第二節 戰艦 / 189
  • 第七章 機械工業(飛行機工業を含む) / 192
  • 第一節 ドイツ機械工業の特殊性 / 192
  • 一、機械工業の地位 / 192
  • 二、生産額、生産能力、輸出入、及需要 / 196
  • 三、生産規模 / 209
  • 第二節 飛行機工業 / 209
  • 第八章 非鉄金属工業 / 211
  • 第一節 一般金属 / 211
  • 第二節 アルミニユーム工業及マグネシウム / 214
  • 第三節 結論 / 219
  • 第九章 電力工業 / 221
  • 第一節 ドイツ電力政䇿史 / 221
  • 一、全体の概観 / 221
  • 二、民間企業時代 / 225
  • 三、市営企業時代 / 226
  • 四、公私混合企業時代 / 230
  • 五、動力経済法 / 232
  • 第二節 ドイツ電力工業の現狀 / 233
  • 一、発電及設備能力 / 233
  • 二、送電系統 / 237
  • 三、企業形態 / 240
  • 第十章 化学工業 / 245
  • 第一節 ドイツ化学工業の大要 / 245
  • 一、I.G.染料会社の成立 / 245
  • 二、ドイツ化学工業の性質 / 253
  • 第二節 ドイツ化学工業の世界的地位 / 256
  • 一、生産及輸出入 / 256
  • 二、化学工業会社及その活動 / 270
  • 第三節 カリ工業 / 274

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 独逸に於ける軍需工業の大勢
著作者等 日満財政経済研究会
書名ヨミ ドイツ ニ オケル グンジュ コウギョウ ノ タイセイ
出版元 日満財政経済研究会
刊行年月 1937
ページ数 276p (図共)
大きさ 26cm
NCID BA36687001
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70016628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想