人格学概論

ヰルヤム・シュテルン 著 ; 渡辺徹 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ヰルヤム・シュテルン氏肖像および自署 / (1)
  • 紹介者序 / (1)
  • 著者ヰルヤム・シュテルン氏略歷 / (1)
  • 人格學槪論(序) / (1)
  • 第一卷・第二卷・第三卷に添へる言葉 / (9)
  • 緒論 人といふ槪念 / (1)
  • 一、 人の根本標徵(多樣の統一 目的活動 特異性) / (5)
  • 二、 人と世界(等次 輻湊) / (8)
  • 三、 心物的中立性 / (11)
  • 第一篇 人格の目標追求(目的實現の論) / (15)
  • 第一章 人格の目的體系 / (17)
  • 第一節 自目的の體系(自目的論) / (19)
  • 一、 自己保存の目標 / (22)
  • 二、 自己展開の目標 / (28)
  • 第二節 他目的の體系(他目的論) / (42)
  • 一、 上位目的 / (43)
  • 二、 同位目的 / (48)
  • 三、 抽象目的 / (53)
  • 第三節 自目的の中へ他目的を取入れること(內攝) / (59)
  • 第二章 性向 / (70)
  • 第一節 性向と云ふ槪念 / (70)
  • 第二節 心的、物的および中[立]的性向 / (79)
  • 第三節 特質と素質 / (81)
  • 第四節 方角性向と準備性向 / (88)
  • 第五節 性向の個間分布 / (95)
  • 第二篇 人格と世界(輻湊論) / (99)
  • 第一章 輻湊の槪念および要因 / (101)
  • 第一節 輻湊論の根本思想 / (101)
  • 第二節 遺傳 / (110)
  • 第三節 環境 / (122)
  • 第二章 人格の行爲 / (128)
  • 第一節 反應 / (132)
  • 一、 反應形式 / (133)
  • 二、 反應段階 / (139)
  • 第二節 自發作用 / (143)
  • 一、 能作と資料 / (143)
  • 二、 反應の內部における自發性 / (149)
  • 三、 自發性の內部における反應性 / (155)
  • 四、 自由の問題 / (158)
  • 第三章 敎化可能性(可塑性) / (165)
  • 第一節 敎化可能性の種類 / (167)
  • 一、 保存的(等質的)敎化可能性 / (168)
  • 二、 改新的(異質的)敎化可能性 / (173)
  • 第二節 人格の改造 / (179)
  • 一、 可塑的な外部影響の種類 / (181)
  • 二、 性向の改造 / (186)
  • a 方角性向 / (186)
  • b 準備性向 / (190)
  • 第四章 人格の量的原理 / (193)
  • 第一節 人格の指數 / (195)
  • 一、 人格的中數の量 / (195)
  • 二、 人格の閾 / (201)
  • a 範圍閾 / (202)
  • b 辨別閾 / (205)
  • 第二節 刺激の意義量 / (217)
  • 一、 濳勢的意義量 / (218)
  • 二、 顯勢的意義量(ヱーベル・フェヒネルの法則) / (224)
  • 第三篇 人格の體驗(意識論) / (233)
  • 第一章 意識の意義 / (235)
  • 第一節 生活と體驗 / (235)
  • 第二節 意識の寫像 / (241)
  • 第三節 意識の錯覺 / (245)
  • a 客觀意識の錯覺 / (247)
  • b 主觀意識の錯覺 / (250)
  • 第四節 無意識的なもの / (254)
  • 第二章 自我意識と人格 / (265)
  • 第一節 自我一致的自我意識と錯覺的自我意識 / (265)
  • 第二節 動機決定の體驗 / (270)
  • 第三節 自我の自己價値附與 / (278)
  • 結論 人間的人格の目的論 / (283)
  • 附錄一 人格學的心理學 / (287)
  • 附錄二 人格硏究と檢査の方法 / (305)
  • 索引 / (卷尾)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 人格学概論
著作者等 Stern, William
渡辺 徹
ヰルヤム・シュテルン
書名ヨミ ジンカクガク ガイロン
出版元 中興館
刊行年月 1931
ページ数 321p 図版
大きさ 23cm
NCID BN11443122
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54008958
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想