信徒内村鑑三 : 人と思考の軌跡

前田英樹 著

教義も説教もいらない、ただ「信徒」たらんとした内村鑑三が生涯を賭けてつきつめた「信仰」とは何だったのか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本の天職を知る
  • 第2章 信仰は信仰である
  • 第3章 汝力なきものとして
  • 第4章 失うものと得るものと
  • 第5章 接ぎ木の摂理
  • 第6章 義戦論から絶対非戦論へ
  • 第7章 信徒が祖国のために為すべきこと
  • 第8章 無教会主義を棄てず
  • 第9章 視よすべての事新しく成れり
  • 第10章 キリスト再臨の地、日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 信徒内村鑑三 : 人と思考の軌跡
著作者等 前田 英樹
書名ヨミ シント ウチムラ カンゾウ : ヒト ト シコウ ノ キセキ
書名別名 Shinto uchimura kanzo
シリーズ名 河出ブックス 027
出版元 河出書房新社
刊行年月 2011.2
ページ数 232p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-309-62427-3
NCID BB04875563
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21897412
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想