漢初経書学の研究

内野熊一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序說 / 1
  • 第一編 資料論 / 9
  • 第一節 伏生大傳 / 10
  • 第二節 毛亨詩傳 / 23
  • 第三節 韓嬰詩內・外傳及び韓詩故 / 43
  • 第四節 魯申培詩傳 / 78
  • 第五節 齊轅固生詩傳 / 84
  • 第六節 淮南子及淮南王安の經說事象 / 89
  • 第七節 漢書中漢初の經句說事象 / 177
  • 第八節 史記中漢初の經句說事象 / 181
  • 第九節 其他 / 240
  • 第二編 漢初經書學の本質統觀 / 255
  • 第一部 漢初經書學の目的・態度論及び特質 / 255
  • 一 目的論 / 255
  • 二 態度論 / 259
  • 三 特質 / 261
  • 甲 經書句・經說方面に於ける漢初の特質性 / 262
  • 乙 經書學態度論の方面に於ける漢初の特質性 / 273
  • 第二部 漢初主要經說の經書學的妥當價値 / 277
  • 一 詩經說 / 278
  • 二 書經說 / 308
  • 三 易經說 / 320
  • 四 論語說 / 322
  • 五 春秋說 / 356
  • 六 禮記說 / 360
  • 第三編 漢初經書學の歷史性 / 365
  • 第一章 秦末漢初の際に於ける學者學統と經書の傳行 / 365
  • 第二章 漢初に於ける經句經說の流存成生・分立定着論 / 386
  • 第一節 漢代に於ける經句經說流存成生の一般論 / 386
  • 第二節 漢初に於ける經句經說の分立定着論 / 392
  • 第一項 漢初經句經說の分立定着素因 / 392
  • 第二項 今古文の定義と本質 / 400
  • 第三項 漢初今古文經句經說分立定着の實際相 / 406
  • 第三章 漢初經書(經說)學の原據 / 586
  • 第一節 漢初經書(經說)學原據の主要例 / 586
  • 第一項 毛(亨)詩傳經說の原據略例 / 586
  • 第二項 魯(申培)詩傳經說の原據略例 / 599
  • 第三項 齊(轅固)詩傳經說の原據略例 / 602
  • 第四項 韓(嬰)詩傳經說の原據略例 / 604
  • 第五項 其他の詩經說の原據略例 / 631
  • 第六項 伏生大傳尙書經說の原據略例 / 633
  • 第七項 蒙恬(孔家古文系)尙書說の原據略例 / 646
  • 第八項 孔安國古文尙書說の原據略例 / 648
  • 第九項 丁寬・韓嬰易經說の原據略例 / 652
  • 第十項 淮南子易經說の原據略例 / 653
  • 第十一項 古文系易經說の原據略例 / 653
  • 第十二項 伏生大傳論語說の原據略例 / 654
  • 第十三項 韓嬰外傳論語說の原據略例 / 655
  • 第十四項 魯論語說の原據略例 / 657
  • 第十五項 (孔安國)古文系論語說の原據略例 / 658
  • 第十六項 淮南子論語說の原據略例 / 660
  • 第十七項 伏生大傳春秋說の原據略例 / 660
  • 第十八項 毛亨詩傳春秋說の原據略例 / 661
  • 第十九項 秦二世博士諸生春秋說の原據略例 / 661
  • 第二十項 高祖・文帝・叔孫通・賈誼等春秋說の原據略例 / 662
  • 第二十一項 魯申培・齊轅固・燕韓嬰詩傳春秋說の原據略例 / 663
  • 第二十二項 淮南子春秋說の原據略例 / 663
  • 第二十三項 其他公羊・左氏・糓梁說の原據略例 / 665
  • 第二十四項 伏生大傳・詩傳等の周官說の原據略例 / 668
  • 第二十五項 韓嬰詩內傳・賈誼說・献王本系の周官說の原據略例 / 668
  • 第二十六項 伏生・高堂生・轅固・韓嬰・淮南子等の儀禮說の原據略例 / 670
  • 第二十七項 孔家・献王・毛傳等の儀禮說の原據略例 / 671
  • 第二十八項 叔孫通・張良・魯申培・賈誼・賈山・王式等の禮記說の原據略例 / 672
  • 第二十九項 伏生・歐夏・文帝・景帝・韓嬰等の禮記說の原據略例 / 673
  • 第三十項 毛傳・淮南子の禮記說の原據略例 / 675
  • 第三十一項 孔家・献王禮記說の原據略例 / 675
  • 第三十二項 韓嬰・董仲舒・長孫氏・后翁・后蒼・史遷等の孝經說の原據略例 / 676
  • 第三十三項 孔家・魯三老等の孝經說の原據略例 / 677
  • 第三十四項 毛傳・韓詩傳等の老子說の原據略例 / 677
  • 第三十五項 淮南子の老子說の原據略例 / 678
  • 第三十六項 統括 / 678
  • 第二節 漢初經書學今古文性原據の周秦古在論 / 679
  • 第一項 漢初詩經今古文句說根の周秦古在論 / 680
  • 第二項 漢初書經今古文句說根の周秦古在論 / 693
  • 第三項 漢初論語今古文句說根の周秦古在論 / 702
  • 第四項 漢初春秋今古文句說根の周秦古在論 / 705
  • 第五項 漢初易經今古文句說根の周秦古在論 / 708
  • 第六項 其他諸經說今古文根の周秦古在論 / 709
  • 第七項 統括 / 712
  • 第四章 漢初經書學態度論の原據 / 713
  • 第五章 漢初經書(經說)學の影響論 / 714
  • 一 漢初期內に於ける影響相 / 714
  • 1 漢初期內の經說事象上に於ける影響 / 714
  • 2 漢初の政治・社會・制度・思想文化等の諸狀勢並に學者學派の論爭狀勢等の上に於ける影響 / 716
  • 二 漢中期及び以後に於ける影響相 / 717
  • 1 漢中期及び以後の經說事象上に於ける影響 / 717
  • 2 漢中・後期の政治・社會・思想・學者學統の論爭狀勢・等の上に於ける影響 / 720
  • 3 漢中・後期に於ける經書學態度への影響 / 722
  • 結論 / 723
  • 主要語句並事項索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 漢初経書学の研究
著作者等 内野 熊一郎
書名ヨミ カンショ ケイショガク ノ ケンキュウ
書名別名 Kansho keishogaku no kenkyu
出版元 清水書店
刊行年月 1942
ページ数 726p
大きさ 22cm
NCID BN03999168
BN11559182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54006673
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想