戦後日本の愛国心をめぐる諸問題

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 現下、日本の混迷 / 1
  • 敗戦直後の或る日 / 1
  • 原爆の碑の語るもの / 2
  • 戦前・戦後の変節思想家 / 5
  • 暴力とテロに揺れる日本の姿 / 9
  • 歴史に照して見る国民相剋の悲劇 / 12
  • 第一章 愛国的行動と民主主義 / 16
  • 民主主義と安保反対闘争 / 16
  • 民主主義と愛国的行動 / 19
  • 浅沼事件についての見解の対立 / 20
  • 『風流夢譚』と嶋中事件 / 23
  • 三無事件と問題のゆくへ / 27
  • 第二章 民主主義の変貌 / 29
  • 民主主義の理念 / 29
  • 百花色を競う民主主義 / 30
  • ナンセンスと化した民主主義 / 35
  • 第三章 脚光を浴びる国家主義 / 36
  • 基本的国権と植民地独立宣言 / 36
  • アジア・アフリカ諸国の抬頭 / 39
  • 大東亜戦争の世界史的役割 / 43
  • 新しい国家主義の勃興 / 47
  • 第四章 失われた日本の愛国心 / 49
  • オリンピツクの教訓から / 49
  • 教えられない愛国心 / 51
  • 日本を中共に売る話 / 52
  • 愛国心についての二つの見方 / 53
  • 第五章 対立する二つの道徳教育 / 58
  • 生活指導より道徳教育へ / 58
  • 文部省の「道徳教育」に反対する日教組 / 59
  • 既存の道徳と現代の道徳 / 63
  • 日教組「道徳教育」の意図するもの / 64
  • "立派な日本人"か"革命の戦士"か / 67
  • 第六章 革命を目ざす教育者たち / 72
  • 団結こそは最高の倫理 / 72
  • 階級闘争を方針とする日教組 / 74
  • マルクス・レーニン主義の倫理 / 77
  • 微動もしない『倫理綱領』 / 79
  • 革命運動の弾圧対策虎の巻 / 80
  • 革命を目ざす日教組 / 81
  • 天皇とアイクに暴力を辞せぬ全学連 / 83
  • 全学連のジユニアー版も育つ / 85
  • 第七章 ものの考え方<親子の場合> / 91
  • 石川達三氏の『人間の壁』 / 91
  • 親と子の危険な関係 / 94
  • 反抗教育の背後にあるもの / 99
  • 第八章 歴史教育と愛国心 / 102
  • ブルユヌテイエールの言葉 / 102
  • "あくま"と"バカ"の歴史 / 103
  • 紀元節と建国の精神 / 105
  • むすび -愛は死よりも強し- / 110

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦後日本の愛国心をめぐる諸問題
著作者等 民主主義研究会
書名ヨミ センゴ ニホン ノ アイコクシン オ メグル ショモンダイ
出版元 民主主義研究会
刊行年月 [ ]
ページ数 112p
大きさ 25cm
NCID BA51064831
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
65000585
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想