『ユリシーズ』の詩学

金井嘉彦 著

多岐を極める文体と形式、そして膨大な情報の氾濫-一見混沌として読者の理解を阻むかに見えるこの作品の底を、一貫して流れる強烈な意思とは何か。『ユリシーズ』各章の精細な分析を通じて、テクストに書き込まれた「意味の方向性」を丹念にたどり、『ユリシーズ』が目指す地点を読み解く、意欲あふれる労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 序論(『ユリシーズ』の詩学)
  • 第2部 文体の詩学(『ユリシーズ』におけるスタイルの変化と歴史的パターン
  • マッキントッシュの男と謎の詩学
  • 「ロータス・イーターズ」においてヘンリー・フラワーが花開かせるもの
  • 両義的な街)
  • 第3部 カーニヴァルの詩学(『ユリシーズ』におけるカーニヴァル的救済
  • 「ブリーヴン」と「ストゥーム」に向けての物語(一)
  • -第十一章「セイレーン」の分析から
  • 「ブリーヴン」と「ストゥーム」に向けての物語(二)
  • カーニヴァル的なるものモリー)
  • 第4部 映画の詩学(『若き日の芸術家の肖像』と映画
  • 『ユリシーズ』と映画
  • 『ユリシーズ』とモンタージュ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 『ユリシーズ』の詩学
著作者等 金井 嘉彦
書名ヨミ ユリシーズ ノ シガク
書名別名 The Poetics of Ulysses

Yurishizu no shigaku
シリーズ名 ユリシーズ
一橋大学法学研究科研究選書
出版元 東信堂
刊行年月 2011.2
ページ数 272p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7989-0038-4
NCID BB05042585
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21899172
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想