回教の歴史と現状

加藤久 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 回敎とは? / 4
  • 回敎の發生 / 9
  • その前夜 / 9
  • 洞窟の聖者 / 10
  • 神の敎イスラム / 13
  • 聖戰行 / 19
  • メツカの恢弘 / 24
  • 正統カリフ / 28
  • 西方攻略 / 31
  • 東方侵略 / 33
  • 正統カリフの終焉 / 36
  • 前ウマイヤ朝 / 38
  • サラセン帝國の前進 / 38
  • 再び東方經略へ / 40
  • 鐵蹄歐羅巴に及ぶ / 42
  • ダマスクス政府の功過 / 45
  • サラセン帝國の分裂 / 47
  • アツバース朝の隆起 / 47
  • 物語りの都バグダード / 50
  • 東カリフ政府 / 52
  • サラセン文明 / 55
  • 收獲なき戰ひ / 57
  • バグダードの落城 / 59
  • 後ウマイヤ朝 / 62
  • コルドヴァの榮光 / 64
  • 歐羅巴からの退陣 / 66
  • カイロの興廢 / 68
  • 中世から近世へ / 71
  • サラセン帝國の分解 / 71
  • セルチユツク・トルコ / 74
  • イスラム・セルチユツクの足跡 / 78
  • 十字軍の意義 / 79
  • アナトリヤの角遂 / 85
  • オスマンリ・トルコ / 87
  • コンスタンチノーブル征服 / 90
  • その黃金時代 / 92
  • 諸壓力下のトルコ / 94
  • オスマンリリツクの錯誤 / 99
  • イスラムと民族問題 / 103
  • 世界大戰前後 / 105
  • その前夜のイスラム國 / 105
  • トルコの參戰 / 117
  • オスマン帝國の崩壞 / 119
  • 戰ひのあと / 122
  • 現代回敎徒諸國 / 124
  • トルコ共和國の出現 / 124
  • 劃期的な政敎分離 / 127
  • 新興イランの展望 / 130
  • アフガンとイラーク / 133
  • アラビヤ半島 / 138
  • エジプトの獨立 / 144
  • 英佛委任統治國の現狀 / 147
  • アフリカ植民地の囘敎徒 / 155
  • ツ聯內の囘敎徒 / 160
  • 東洋回敎圈の現狀 / 163
  • 支那傳來略記 / 164
  • 雲南囘敎徒の叛亂 / 170
  • 新疆爭奪の經緯 / 173
  • 淸末の漢囘流血の亂 / 176
  • 五馬の歷史 / 179
  • 馬仲英と新疆の亂 / 181
  • 甘陜寧の赤化工作 / 183
  • 支那囘敎徒問題の重要性 / 186
  • インドの不幸 / 187
  • 囘印提携の可能と將來 / 190
  • インドネシヤと囘敎 / 193
  • 近代囘敎運動の意義 / 197
  • 回敎年表と回敎曆 / 201
  • 拔文 / 218

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 回教の歴史と現状
著作者等 加藤 久
書名ヨミ カイキョウ ノ レキシ ト ゲンジョウ
書名別名 Kaikyo no rekishi to genjo
出版元 大阪屋号書店
刊行年月 1941
ページ数 219p 図版 地図
大きさ 19cm
NCID BA36621353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
58006238
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想