糖業より観たる沖縄

朝武士獅子雄 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • (前論)
  • 第一章 世界糖業の現勢
  • 第一節 歐洲戰亂の齎らせる波動 / 1
  • 第二節 列國戰時の砂糖政策 / 4
  • 第三節 戰時の列國糖業事情 / 11
  • 第四節 世界產糖狀態及需給 / 20
  • 第五節 戰後の世界糖業 / 26
  • 第六節 ブラツセル恊約 / 30
  • 第二章 日本の糖業
  • 第一節 日本糖業の開展
  • 第二節 臺灣糖業の現狀及將來 / 38
  • 第三節 我國の砂糖需給 / 56
  • 第四節 日本糖業の世界糖業に於ける地位 / 60
  • (本論)
  • 第一章 沖繩糖業の發達
  • 第一節 起源及沖繩糖業進步の第一期 / 71
  • 第二節 沖繩糖業進步の第二期 / 78
  • 第三節 沖繩糖業進步の第三期 / 84
  • 第二章 沖繩糖業の革命
  • 第一節 分蜜糖の製出 / 94
  • 第二節 糖業革命の反響 / 97
  • 第三節 糖業革命と一般糖業 / 98
  • 第三章 沖繩糖業の現狀
  • 第一節 甘蔗作 / 100
  • 第二節 製糖 / 120
  • 第三節 販路 / 123
  • 第四節 沖臺製糖會社の現狀 / 125
  • 第四章 沖繩糖業の將來
  • 第一節 產業十年計劃 / 141
  • 第二節 分蜜糖の奬勵と其の將來 / 142
  • 第三節 糖業地としての八重山及國頭の將來 / 144
  • 第四節 沖繩縣將來の產糖 / 148
  • 第五章 黑糖需給問題
  • 第一節 黑糖過去の需給 / 150
  • 第二節 黑糖の相塲 / 154
  • 第三節 十年計劃と黑糖產額制限 / 156
  • 第六章 沖繩糖業の日本糖業界に於ける地位
  • 第一節 內地糖業地と沖繩縣 / 158
  • 第二節 臺灣と沖繩の比較 / 167
  • 第七章 沖繩糖業の改良
  • 第一節 農業方面の改良 / 171
  • 第二節 工業方面の改良 / 183
  • 第八章 結論
  • 第一節 糖業政策の確立 / 186
  • 第二節 糖業の發達と運輸機關の改善 / 187
  • 第三節 農民の覺悟と農工方面 / 193
  • 第四節 製樽問題 / 197
  • 第五節 糖業勃興と內地資本の吸收 / 199
  • 附錄
  • 日本砂糖商業沿革史 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 糖業より観たる沖縄
著作者等 朝武士 獅子雄
書名ヨミ トウギョウ ヨリ ミタル オキナワ
書名別名 Togyo yori mitaru okinawa
出版元 内外糖業調査会
刊行年月 1916
版表示 再版
ページ数 202, 64p (附録共) 図
大きさ 23cm
NCID BA45353506
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70027523
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想