日本精神史研究

和辻哲郎 著

日本の諸種の「文化産物」を通してそこに表現されている「それぞれの時代の日本人の『生』を把握」しようと試みる。この観点から十七条憲法や大宝令、推古・白鳳天平の仏像、『万葉集』『源氏物語』といった古典あるいは道元の著作と生涯などを論ずる。

「BOOKデータベース」より

日本の諸種の「文化産物」を通してそこに表現されている「それぞれの時代の日本人の『生』を把握」しようと試みる。この観点から十七条憲法や大宝令、推古・白鳳天平の仏像、『万葉集』『源氏物語』といった古典あるいは道元の著作と生涯などを論ずるが、鋭い感受性に裏づけられたその分析の冴えはわれわれを圧倒してやまない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飛鳥寧楽時代の政治的理想
  • 推古時代における仏教受容の仕方について
  • 仏像の相好についての一考察
  • 推古天平美術の様式
  • 白鳳天平の彫刻と『万葉』の短歌
  • 『万葉集』の歌と『古今集』の歌との相違について
  • お伽噺としての『竹取物語』
  • 『枕草紙』について
  • 『源氏物語』について
  • 「もののあはれ」について
  • 沙門道元
  • 歌舞伎劇についての一考察

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 飛鳥寧楽時代の政治的理想
  • 推古時代における仏教受容の仕方について
  • 仏像の相好についての一考察
  • 推古天平美術の様式
  • 白鳳天平の彫刻と『万葉』の短歌
  • 『万葉集』の歌と『古今集』の歌との相違について
  • お伽噺としての『竹取物語』
  • 『枕草紙』について
  • 『源氏物語』について
  • 「もののあはれ」について〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 飛鳥寧樂時代の政治的理想 / 1
  • 推古時代に於ける佛敎受容の仕方について / 37
  • 佛像の相好に就ての一考察 / 51
  • 推古天平美術の樣式 / 69
  • 白鳳天平の彫刻と萬葉の短歌 / 85
  • 萬葉集の歌と古今集の歌との相違について / 107
  • お伽噺としての竹取物語 / 131
  • 枕草紙について
  • 一 「枕草紙」の原典批評に就ての提案 / 151
  • 二 枕草紙に就いて / 173
  • 源氏物語について / 193
  • 「もののあはれ」について / 217
  • 沙門道元
  • 一 序言 / 237
  • 二 道元の修行時代 / 254
  • 三 說法開始 / 272
  • 四 修行の方法と目的 / 283
  • 五 親鸞の慈悲と道元の慈悲 / 297
  • 六 道德への關心 / 316
  • 七 社會問題との關係 / 325
  • 八 藝術への非難 / 331
  • 九 道元の「眞理」 / 334
  • (イ)禮拜得髓 / 336
  • (ロ)佛性 / 347
  • (ハ)道得 / 366
  • (ニ)葛藤 / 380
  • 歌舞伎劇に就ての一考察 / 389

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本精神史研究
著作者等 和辻 哲郎
書名ヨミ ニホン セイシンシ ケンキュウ
書名別名 Nihon seishinshi kenkyu
出版元 岩波書店
刊行年月 1926
版表示 改訂版
ページ数 430p 図版16枚
大きさ 23cm
ISBN 4000072528
NCID BA71064153
BN05359382
BN0283499X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
52008886
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想