欧米に於ける支那研究

石田幹之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 例言 / 4
  • 歐米に於ける支那硏究 / 1
  • 序言 / (3)
  • 一、在支カトリック宣敎師の支那硏究 / (5)
  • 二、歐米に於ける學者の支那硏究(その初期) / (30)
  • 三、十九世紀初頭より二十世紀初頭に至る歐米の支那學 / (36)
  • 四、歐米に於ける支那學の現狀 / (60)
  • 結言 / (84)
  • 歐米に於ける支那學關係の諸雜誌 / 85
  • 歐米に於ける漢籍の蒐集 / 149
  • 支那に關する歐文文獻の書目に就いて / 183
  • 歐米人の滿洲地理硏究 / 215
  • 滿洲に關するロシアの名著 / 245
  • 第一、パラヂウス師の「滿洲縱斷記」 / (249)
  • 第二、ザハロフ氏の「滿露辭彙」 / (256)
  • 第三、アーネルト敎授の「滿洲旅行記」 / (261)
  • 第四、コマロフ敎授の「滿洲植物誌」 / (266)
  • 一九一七-一九二六年 サヴェート・ロシアに於ける極東並に中亞の硏究 / 269
  • 我國に於ける西域史の硏究 / 301
  • 一、西域史硏究の創始者-白鳥博士 / (303)
  • 二、羽田博士 / (315)
  • 三、桑原・藤田兩博士 / (325)
  • 四、其他の諸家 / (330)
  • シャヴアンヌ(沙畹)博士小傳 / 335
  • 小傳 / (337)
  • シャヴァンヌ博士主要著述目錄 / (348)
  • ベルトールド・ラウファー博士の訃を聞きて / 363
  • 小傳 / (365)
  • ラウファー博士著述要目 / (370)
  • ヂャイルズ博士小傳 / 397
  • 小傳 / (399)
  • ヂャイルズ博士支那關係著書略目 / (403)
  • スウェン・ヘディンの業績 / 407
  • 決死の大事業 / (409)
  • 探檢家としてのヘディン / (412)
  • 第一囘の中亞探檢 / (414)
  • 第二囘の中亞探檢 / (416)
  • トランス・ヒマラヤの發見 / (418)
  • 我國へ率先來朝 / (420)
  • 國費で著書刊行 / (421)
  • 「西北科學考查團」 / (423)
  • 探檢を阻む戰禍 / (425)
  • 南海諸國に關する支那史料 / 429
  • アラビア探檢の囘顧 / 447
  • 一、ヴァルテマとニーブール / (450)
  • 二、その後のイェメン探檢 / (453)
  • 三、ハドラマウト地方の踏査 / (455)
  • 四、オーマン地方の調査 / (458)
  • 五、ヘヂャズ地方の探檢 / (459)
  • 六、ネヂド地方(一) / (463)
  • 七、ネヂド地方(二) / (465)
  • 八、ネヂド地方(三) / (468)
  • 九、ネヂド地方(四) / (471)
  • 一〇、二十世紀の探檢へ / (473)
  • 支那地名談義 / 475

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 欧米に於ける支那研究
著作者等 石田 幹之助
書名ヨミ オウベイ ニ オケル シナ ケンキュウ
書名別名 Obei ni okeru shina kenkyu
出版元 創元社
刊行年月 1942
ページ数 488p 図版 地図
大きさ 22cm
NCID BN04717487
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
51008404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想