はて、面妖

岩井三四二 著

足利義昭を京から放逐し、織田信長が天下人となった。幕府御用絵師として将軍家に代々仕えていた狩野家では信長に絵を献上することにし、四代目を継ぐべく若手絵師の源四郎に選定を託した。源四郎は、無謀にもかつて足利義輝に注文された屏風絵を信長に献上することに決めるのだが-(「花洛尽をあの人に」)。戦国の世、歴史に埋もれた人間模様を描いた傑作。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 はて、面妖
著作者等 岩井 三四二
書名ヨミ ハテ メンヨウ
書名別名 Hate men'yo
シリーズ名 光文社時代小説文庫 い44-3
光文社文庫 い44-3
出版元 光文社
刊行年月 2011.2
ページ数 301p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-74913-2
全国書誌番号
21896546
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想