日本倫理學案

井上圓了 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 敕語略解
  • 第一講 緖論
  • 第一節 道德に理論應用の二種あること / 20
  • 第二節 日本の倫理 / 22
  • 第三節 理論的倫理學と實際的倫理學との關係 / 24
  • 第四節 理論的倫理學の問題 / 26
  • 第五節 良心の起原發達 / 30
  • 第六節 實際的倫理學の問題 / 32
  • 第七節 理想上の目的 / 35
  • 第二講 實際的倫理論
  • 第八節 各國倫理の應用を異にする所以 / 39
  • 第九節 國家の躰に原形材質の二種あること / 41
  • 第十節 國民の團結 / 44
  • 第十一節 國民の和合 / 46
  • 第十二節 義務に個人的國家的の二種あること / 48
  • 第十三節 平等差等の關係 / 50
  • 第十四節 國際の關係 / 53
  • 第十五節 歸結 / 55
  • 第三講 日本國躰論
  • 第十六節 我が邦の敎育道德の國躰を本とすること / 59
  • 第十七節 我が國躰の一種特殊なる所以 / 61
  • 第十八節 皇室ありて後人民あること / 63
  • 第十九節 臣民一にして二ならざること / 65
  • 第二十節 忠孝一致を以て人倫の大本とすること / 66
  • 第二十一節 國躰の精華 / 69
  • 第二十二節 君主は國家の中心なること / 71
  • 第二十三節 理想的國躰 / 74
  • 第四講 個人的道德論第一
  • 第二十四節 人倫の種類 / 77
  • 第二十五節 自己に對する德義 / 80
  • 第二十六節 身躰を健全にする義務 / 82
  • 第二十七節 智識を開發する義務 / 84
  • 第二十八節 德性を養成する義務 / 88
  • 第二十九節 情操を純良にする義務 / 95
  • 第五講 個人的道德論第二
  • 第三十節 一家に對する德義 / 99
  • 第三十一節 父母に對する義務 / 102
  • 第三十二節 兄弟に對する義務 / 107
  • 第三十三節 夫婦に對する義務 / 109
  • 第三十四節 僕婢と家主との關係 / 115
  • 第三十五節 親戚に對する德義 / 118
  • 第六講 國家的道德論第一
  • 第三十六節 國家的道德の種類 / 123
  • 第三十七節 朋友に對する德義 / 125
  • 第三十八節 師弟の關係 / 129
  • 第三十九節 博愛 / 131
  • 第四十節 公益 / 135
  • 第四十一節 正義 / 137
  • 第四十二節 君主に對する義務 / 142
  • 第四十三節 政府の組織 / 146
  • 第四十四節 國憲に對する義務 / 148
  • 第四十五節 國法に對する義務 / 151
  • 第四十六節 租稅を納め兵役に服する義務 / 153
  • 第七講 國家的道德論第二
  • 第四十七節 愛國の精神 / 158
  • 第四十八節 國民間の德義 / 162
  • 第四十九節 國際上の德義 / 164
  • 第五十節 死後に對する德義 / 168
  • 第五十一節 万物に對する德義 / 172
  • 第五十二節 神に對する德義 / 177
  • 第八講 賞罸幷敎育論
  • 第五十三節 前數講の要旨 / 182
  • 第五十四節 賞罸の種類 / 184
  • 第五十五節 道德的賞罸 / 186
  • 第五十六節 敎育法の種類 / 191
  • 第五十七節 家庭敎育 / 192
  • 第五十八節 學校敎育 / 194
  • 第五十九節 社會敎育 / 195
  • 第六十節 美術敎育 / 197
  • 第六十一節 自然敎育 / 199
  • 第九講 結論
  • 第六十二節 全講の總括 / 202
  • 第六十三節 愛國的感情の必要 / 205
  • 第六十四節 敎育法の改良 / 207
  • 第六十五節 全講の完結 / 209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本倫理學案
著作者等 井上 円了
井上圓了
書名ヨミ ニホン リンリガク アン
書名別名 Nihon rinrigaku an
出版元 哲学書院
哲学館
刊行年月 1896.3
版表示 4版
ページ数 212p
大きさ 19cm
NCID BA51547959
BA56113683
BN09919354
BN1296780X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21387136
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想