石油・近代戰・内燃機關

中根良介 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序 / 1
  • 第一章 近代戰の特徵 / 1
  • 進擊速度の迅速 / 1
  • 三百六十年前の快速戰 / 4
  • 五ケ年に二十七里 / 12
  • 電擊戰の魁は滿洲事變 / 18
  • 第二章 戰爭と石油 / 24
  • 航空機・戰車・自動車・潜水艦 / 24
  • 軍用艦船 / 27
  • 潤滑油及びアスフアルト / 29
  • 第三章 生活と石油 / 33
  • 生活も戰爭の一部 / 33
  • 洋燈と自動車 / 34
  • 石油と動力 / 36
  • 日常生活と石油 / 38
  • アスフアルト・パラフイン蠟・ピツチ / 41
  • その他の用途 / 42
  • 第四章 潤滑油の働き / 44
  • 潤滑油とは / 44
  • 第五章 機械化部隊とはどういふものか / 54
  • 戰國時代の機械化部隊 / 54
  • 現在の機械化部隊 / 56
  • 自動車の威力 / 62
  • 戰車の出現 / 64
  • 戰車の種類 / 67
  • 裝甲自動車と各兵種の機械化 / 69
  • 第六章 イランの悲劇 / 72
  • 軍隊と兵器あつての石油 / 72
  • 開戰四日間にしてイラン屈服す / 73
  • 狼と仔羊 / 74
  • 停戰協定 / 78
  • イランの悲劇 / 81
  • 第七章 ガソリン機關 / 87
  • 一、自動車はどうして走るか / 87
  • 自動車と自轉車 / 87
  • 吸入・壓縮・爆發・排氣 / 91
  • 機關の作動 / 92
  • はづみ車 / 94
  • 二行程式內燃機關 / 95
  • 動力傳達裝置 / 96
  • 二、自動車の構造 / 104
  • 三、代用燃料車 / 106
  • 木炭自動車 / 108
  • その他の代用燃料車 / 115
  • 第八章 ヂーゼル機關 / 117
  • 一、內燃機關中の双壁 / 117
  • 二、ヂーゼル機關の進步 / 122
  • 三、ヂーゼル自動車 / 127
  • 獨逸のヂーゼル自動車 / 131
  • 四、ヂーゼル機關とガソリン機關の相違 / 135
  • 內燃機關 / 135
  • 五、ヂーゼル機關の長所・ガソリン機關の長所 / 140
  • ヂーゼル機關の長所 / 140
  • ガソリン機關の長所 / 144
  • 第九章 蒸汽機關と內燃機關 / 147
  • 蒸汽機關の偉功 / 147
  • 熱效率 / 150
  • 內燃機關の發明 / 151
  • 內燃機關の種類 / 153
  • 第十章 天然石油 / 156
  • 石油の成因 / 156
  • 油田と石油の採掘 / 257
  • 油井の掘鑿 / 158
  • 原油 / 161
  • 石油の精製 / 162
  • 原油の蒸溜 / 163
  • 潤滑油の精製 / 166
  • 重油の分解 / 168
  • 最新式の石油蒸溜法 / 170
  • 石油の洗滌 / 172
  • 第十一章 人造石油 / 174
  • 石炭液化と頁岩油 / 174
  • 低溫乾溜法 / 175
  • 直接液化法 / 176
  • 石油合成法 / 177
  • 獨逸の石油政策 / 178
  • 油母頁岩液化 / 181
  • 第十二章 大東亞共榮圈の石油 / 184
  • 舊蘭印は世界第五位の石油國 / 184
  • 本邦に馴染の深い舊蘭印石油 / 186
  • 第十三章 ガソリンのオクタン價とヂーゼル燃料のセタン價 / 189
  • 一、オクタン價 / 189
  • 異常爆發と耐爆性 / 189
  • ガソリンの良否 / 191
  • 高オクタン價のガソリン / 194
  • 航空機のガソリン / 198
  • 二、重油及び輕油のセタン價 / 202
  • ヂーゼル燃料の發火性 / 202
  • セタン價以外の諸性質 / 205

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 石油・近代戰・内燃機關
著作者等 中根 良介
書名ヨミ セキユ キンダイセン ナイネン キカン
書名別名 Sekiyu kindaisen nainen kikan
出版元 海と空社
刊行年月 1942.11
ページ数 207p
大きさ 19cm
NCID BN11873096
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21371519
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想