歴史のイエスと信仰のキリスト : 近・現代ドイツにおけるキリスト論の形成

アリスター・E.マクグラス 著 ; 柳田洋夫 訳

神学者として、牧会者としての気鋭マクグラスが示すドイツ啓蒙主義の思想史的ストーリー!ドイツの啓蒙主義が提起した「歴史のイエス」と「信仰のキリスト」との相克をめぐる問題を軸として展開する、近・現代ドイツにおけるキリスト論についての叙述。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 啓蒙主義-新しいキリスト論の様式
  • 第2章 F.D.E.シュライエルマッハー
  • 第3章 ヘーゲル学派-シュトラウスからフォイエルバッハまで
  • 第4章 自由主義的キリスト像-リッチュルからハルナックまで
  • 第5章 自由主義的キリスト論の崩壊-ヴァイスからトレルチまで
  • 第6章 弁証法的キリスト論-バルトとブルンナー
  • 第7章 歴史からの撤退-ブルトマンとティリッヒ
  • 第8章 歴史への回帰-エーベリングからパネンベルクまで
  • 第9章 啓蒙主義の終焉-モルトマンとユンゲル

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史のイエスと信仰のキリスト : 近・現代ドイツにおけるキリスト論の形成
著作者等 McGrath, Alister E.
柳田 洋夫
McGrath Alister Edgar
マクグラス アリスター・E.
書名ヨミ レキシ ノ イエス ト シンコウ ノ キリスト : キン ゲンダイ ドイツ ニ オケル キリスト ロン ノ ケイセイ
書名別名 The making of modern German Christology.2nd ed
出版元 キリスト新聞社
刊行年月 2011.1
ページ数 364, 15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-87395-584-1
NCID BB04969463
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21897633
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想