不動産登記法の改正に関する研究

松本福一 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 諸國の登記制度槪觀 / 1
  • 緖論 / 1
  • 第一節 登記制度の沿革と現行制度 / 2
  • 總說 / 2
  • 第一款 フランス法 / 2
  • 一、沿革 / 3
  • 二、現行制度 / 9
  • 第二款 ドイツ法 / 10
  • 一、沿革 / 10
  • 二、現行制度 / 16
  • 第三款 トーレンス法 / 17
  • 一、沿革 / 17
  • 二、現行制度 / 20
  • 第四款 我國法 / 22
  • 一、沿革 / 22
  • 二、現行制度 / 31
  • 第二節 各制度の優劣と我登記制度の將來 / 32
  • 總說 / 32
  • 第一款 總ての不動產を登記せしむることに就て / 34
  • 第二款 總ての物權變動を登記せしむることに就て / 37
  • 第三款 登記簿の公信力を認むることに就て / 43
  • 第四款 我登記制度の將來 / 51
  • 第二章 不動產登記法の改正 / 55
  • 緖論 / 55
  • 第一節 假登記に關する改正 / 60
  • 總說 / 60
  • 第一款 假登記の法律關係 / 61
  • 一、假登記の性質 / 61
  • 二、假登記の效力 / 63
  • (イ)本登記後の效力 / 63
  • (ロ)本登記前の效力 / 63
  • (ハ)登記請求權と登記申請の適格 / 65
  • 第二款 假登記名義人の本登記手續 / 69
  • 一、登記手續に關する判例學說と改正意見 / 69
  • 二、改正假案 / 81
  • 第二節 建物所有權の保存登記に關する改正 / 82
  • 總說 / 82
  • 第一款 不動產所有權保存登記の性質と登記手續 / 83
  • 一、保存登記の性質と其の登記手續の重要性 / 83
  • 二、土地臺帳 / 86
  • 第二款 建物所有權の保存登記 / 89
  • 一、保存登記と家屋臺帳 / 89
  • 二、保存登記に於ける證明方法の不當と改正意見 / 94
  • 三、改正假案 / 96
  • 第三節 變更登記に關する改正 / 97
  • 總說 / 97
  • 第一款 建物の變更登記 / 98
  • 一、變更の證明方法と改正意見 / 98
  • 二、改正假案 / 99
  • 第二款 土地建物の變更登記 / 100
  • 一、申請手續に於ける第三者の承諾と改正意見 / 100
  • 二、改正假案 / 101
  • 第四節 隱居又は入夫婚姻に因る家督相續の登記に關する改正 / 102
  • 總說 / 102
  • 第一款 財產留保の法律關係 / 103
  • 一、財產留保の要件と效力 / 103
  • 二、不動產の留保と相續登記についての改正意見 / 108
  • 三、改正假案 / 111
  • 第五節 豫吿登記に關する改正 / 112
  • 總說 / 112
  • 第一款 豫吿登記の法律關係 / 112
  • 一、豫吿登記の性質及效力 / 112
  • 二、豫吿登記の抺消手續についての改正意見 / 118
  • 三、改正假案 / 119

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 不動産登記法の改正に関する研究
著作者等 松本 福一
書名ヨミ フドウサン トウキホウ ノ カイセイ ニ カンスル ケンキュウ
書名別名 Fudosan tokiho no kaisei ni kansuru kenkyu
シリーズ名 司法研究報告書 ; 第29輯 7
出版元 司法省調査部
刊行年月 1941.3
ページ数 204p
大きさ 21cm
NCID BA30014981
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88090365
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想