比律賓の民族

東亜研究所第四部 編

担当者: 棚瀬襄爾;付: 比律賓民族文献目録19p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 序(宇野博士) / 1
  • はしがき / 1
  • 序論 / 1
  • 一、比律賓群島 / 3
  • 二、地勢風土 / 6
  • 三、比律賓民族の分類 / 11
  • 四、比律賓の文化層 / 20
  • 第一篇 各說
  • 第一章 比律賓非基督敎民族 一、(ネグリト) / 29
  • 一、ネグリトの序考 / 29
  • 二、名稱 / 31
  • 三、分布狀態 / 33
  • 四、比律賓ネグリトの一般的特徵 / 44
  • 五、比律賓ネグリトの社會生活 / 47
  • 六、所有並に經濟觀念 / 51
  • 七、ネグリトと異民族との關係 / 53
  • 八、ネグリトの宗敎 / 55
  • 第二章 比律賓非基督敎民族 二、(インドネシヤン) / 60
  • 一、インドネシヤン序考 / 60
  • 二、北部ルソン / 63
  • 三、ビサヤ諸島 / 72
  • 四、ミンダナオ及びスールー諸島 / 75
  • I、東部及び中部ミンダナオ
  • II、ザンボアンガ半島
  • III、スールー諸島
  • 五、インドネシヤン通觀 / 99
  • 第三章 比律賓非基督敎民族 三、(マライヤン系原始諸部族) / 103
  • 一、マライヤン系原始諸部族序考 / 103
  • 二、テイングイヤン族 / 105
  • 三、ボントツク族 / 111
  • 四、イフガオ族 / 116
  • 五、ナバロイ族 / 119
  • 六、カンカナイ族 / 123
  • 七、マライヤン系原始諸部族通觀 / 124
  • 第四章 比律賓非基督敎民族 四、(イスラム敎民族) / 128
  • 一、イスラム敎民族序考 / 128
  • 二、ラナオ・モロ及びマギンダナオ・モロ / 132
  • I、分布と體質
  • II、歷史的背景
  • III、一般文化
  • 三、スールー・モロ / 137
  • I、分布と體質
  • II、歷史的背景
  • III、生活と文化
  • 四、サマール族及び其の他の小群 / 142
  • 五、イスラム敎民族通觀 / 145
  • 第五章 比律賓基督敎民族 / 149
  • 一、基督敎民族序考 / 149
  • 二、基督敎諸族 / 151
  • 三、歷史的背景 / 162
  • 第二篇 總說
  • 第六章 主要生業、經濟觀念並に物質文化 / 177
  • 一、主要生業 / 177
  • 二、經濟觀念 / 186
  • 三、物質文化の一斑 / 192
  • 第七章 社會 / 198
  • 一、社會生活の基礎 / 198
  • I、バランガイ社會
  • II、印度文明と比律賓の社會
  • III、イスラム敎と比律賓の社會
  • IV、スペインと比律賓の社會
  • 二、社會階級 / 204
  • 三、家系の觀念 / 207
  • 四、女性の社會的地位 / 208
  • 五、法の觀念 / 212
  • 第八章 宗敎 / 222
  • 一、原始宗敎 / 222
  • I、神靈觀念
  • II、儀禮
  • III、儀禮の動機
  • IV、宗敎職能者
  • 二、高等宗敎の槪要 / 235
  • 結語 / 240
  • 比律賓民族文獻目錄 / 1
  • 統計
  • 1.ネグリト州別人口統計 / 12
  • 2.アルフアベツト順部族別人口統計 / 13
  • 3.宗敎別民族統計 / 14
  • 4.部族別言語統計 / 16
  • 5.比律賓宗敎統計I / 18
  • 6.比律賓宗敎統計II / 19
  • 「索引」 / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 比律賓の民族
著作者等 東亜研究所
東亜研究所第四部
書名ヨミ フィリピン ノ ミンゾク
書名別名 Firipin no minzoku
シリーズ名 資料乙 ; 第33号C
出版元 東亜研究所
刊行年月 1941
ページ数 246p 図15枚 地図
大きさ 26cm
NCID BN12004365
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73015543
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想