四月十八日敵機空襲防護の実相 : 防空血戦勝利の記録

家庭安全協会 (厚生省内) 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 寫眞說明四月十八日敵機空襲防護の實相 / 1
  • 大本營發表、軍司令部發表 / 13
  • 此の體驗を意義あらしめよ(內務大臣湯澤三千男閣下談話) / 16
  • 備へあれば恐るゝに足らず(防衞總參謀長陸軍中將小林淺三郞閣下談話) / 18
  • 家庭安全協會主催 空襲防護の體驗發表會
  • 吉岡會長挨拶 / 21
  • 川村生活局長挨拶 / 24
  • ○○區岡本忠雄氏體驗發表 / 26
  • ○○區若林忠作氏體驗發表 / 40
  • 高さ百五十尺位の高度から亂射
  • 砂袋に對する檢討、燒夷彈の地下侵徹一丈二尺
  • 全燒したのは留守宅ばかり瓦斯の元ネヂ、水桶の置場所について
  • ○○區山田峯吉氏體驗發表 / 47
  • 投下彈二百一個、被害地域七百十九坪五十六世帶
  • 二階は最も危險、二階に水、砂の用意が必要
  • ○○國民學校織田恒雄氏體驗發表 / 52
  • 學校では兒童の安全が主で、消火は第二
  • ○○中學校中野匡三氏體驗發表 / 59
  • 「號令、靜肅、絕對服從」の平素の躾けが奏効
  • 內務省防空局館林指導課長講評 / 63
  • 體驗に如かず、敎訓に富む防護の活動
  • 次囘がこの樣な事と思つたら大間違、凡ゆる場合に備へよ
  • 水は消火、防火に絕對的の必需品、二階にも備へよ
  • 火叩きに鳶口の備付けは確實
  • 必勝の信念は訓練から
  • 高射砲が鳴り出したら!空中戰の觀戰は危險
  • 警報を疑つたり不忠實だつたらそれこそお終ひ
  • 來らざるを賴むことなく、俟つあるを恃め
  • 防衞總司令部大坪參謀訓話 / 92
  • 附錄 必勝防空の話…陸軍中佐 大坪義勢 / 97
  • 軍防空の常識 / 98
  • 防空訓練について / 105
  • 燈火管制について / 112
  • 待避所及防空壕について / 117
  • 重要都市とさうでない家との防空について / 122
  • 防空資材用具等について / 124
  • ガラスの破片防止について / 126
  • 警報傳達について / 127
  • 大型燒夷彈について / 129
  • 防火用水・住宅交換について / 130
  • 空家・空地について / 134
  • 將來の防空について / 136

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 四月十八日敵機空襲防護の実相 : 防空血戦勝利の記録
著作者等 家庭安全協会
書名ヨミ シガツ ジュウハチニチ テッキ クウシュウ ボウゴ ノ ジッソウ
書名別名 Shigatsu juhachinichi tekki kushu bogo no jisso
出版元 教育学習社
刊行年月 1943
ページ数 141p
大きさ 19cm
NCID BA60603336
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73015319
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想