義和団事件風雲録 : ペリオの見た北京

菊地章太 著

西暦一九〇〇年、北京東交民巷。押し寄せる義和団の襲撃を逃れ、公使館区に避難した人々は、二か月にわたる孤立無援の篭城戦を強いられることになる。そのなかに、若き日のフランス人東洋学者ペリオの姿もあった。かれは日々の出来事を小さな手帳に書きとどめていた。知られざるペリオの日誌を手がかりに、いま明かされる「北京の五十五日」の真実。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 義和団事件の世界地図
  • 第2章 ペリオの手帳から
  • 第3章 暗雲たれこめる北京
  • 第4章 翻弄される人々の群れ
  • 第5章 単身敵陣乗りこみ
  • 第6章 前近代か、汎時代的か
  • 第7章 いくつもの女帝像
  • 第8章 ペリオ、中央アジアへ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 義和団事件風雲録 : ペリオの見た北京
著作者等 菊地 章太
書名ヨミ ギワダン ジケン フウウンロク : ペリオ ノ ミタ ペキン
書名別名 Giwadan jiken fuunroku
シリーズ名 あじあブックス 070
出版元 大修館書店
刊行年月 2011.2
ページ数 203p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-469-23312-4
NCID BB04909938
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21895328
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想