細井平洲の生涯

高瀬代次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 一 國民の師表 / (1)
  • 二 平洲の誕生地と家庭 / (2)
  • 三 少年時代の平洲 / (5)
  • 四 十六歲にして京都に遊學 / (9)
  • 五 中西淡淵の門に入る / (10)
  • 六 十八歲にして長崎に遊學 / (11)
  • 七 江戶の新生活と淡淵の逝去 / (18)
  • 八 平洲の友情と江戶の大火 / (20)
  • 九 水魚の友小河仲栗 / (25)
  • 一〇 南宮大湫と伊藤冠峯 / (26)
  • 一一 秋山玉山と瀧鶴臺 / (28)
  • 一二 木村蓬萊と松崎觀海 / (31)
  • 一三 平洲と紀州藩主德川治貞 / (34)
  • 一四 平洲と米澤藩主上杉鷹山 / (38)
  • 一五 良妻も慈父も死す / (43)
  • 一六 初度の米澤行と產業の奬勵 / (44)
  • 一七 平洲と大阪の大家中井竹山 / (51)
  • 一八 平洲と仙臺の交友 / (55)
  • 一九 平洲と四方の名士 / (58)
  • 二〇 再度の米澤行と鄕村講話 / (61)
  • 二一 平洲と尾州藩主德川宗睦 / (63)
  • 二二 御前講話の材料 / (66)
  • 二三 名古屋の明倫堂と平洲の講釋 / (74)
  • 二四 製糖業の奬勵と川普請の手傳 / (78)
  • 二五 尾濃の鄕村講話十萬人の聽衆 / (81)
  • 二六 群書治要の刊行 / (84)
  • 二七 平洲と人吉藩 / (85)
  • 二八 平洲と村上・郡山・松山・出石・延岡等の諸藩 / (87)
  • 二九 伊藤玄澤と奧貫友山 / (90)
  • 三〇 西澤愚公と高山彥九郞 / (92)
  • 三一 最後の米澤行と鷹山の郊迎 / (97)
  • 三二 尾張藩の不幸 / (104)
  • 三三 平洲の逝去と遺墨 / (106)
  • 三四 上杉鷹山と樺島石梁 / (108)
  • 三五 流風遺韻 / (111)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 細井平洲の生涯
著作者等 高瀬 代次郎
書名ヨミ ホソイ ヘイシュウ ノ ショウガイ
出版元 巌松堂書店
刊行年月 1936.11
ページ数 123p
大きさ 19cm
NCID BN12083033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
85090389
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想