模範日本箪笥の意匠と其製作の仕上法

松本朝之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 日本簞笥の變遷 / 1
  • 第一節 明治以前の簞笥 / 1
  • 第二節 明治時代の簞笥 / 5
  • 第三節 大正時代の簞笥 / 21
  • 第四節 昭和の簞笥 / 26
  • 第五節 船簞笥 / 30
  • 第六節 長持 / 37
  • 第七節 百貨店と簞笥 / 41
  • 第八節 博覽會並に共進會と展覽會 / 42
  • 第二章 簞笥材料の桐 / 46
  • 第一節 桐の樹 / 46
  • 第二節 桐の植栽培方法及伐採季節 / 48
  • 第三節 桐材の瑕瑾及疾病 / 51
  • 第四節 桐樹の害虫及驅除法 / 59
  • 第五節 桐材の用途及木取り法 / 64
  • 第六節 桐の產地と材質 / 70
  • 第七節 桐材の乾燥法 / 74
  • 第八節 桐材輸入の沿革 / 76
  • 第三章 日本簞笥各地の特徵 / 81
  • 第一節 東京簞笥 / 83
  • 第二節 京都簞笥 / 89
  • 第三節 大阪簞笥 / 91
  • 第四節 名古屋簞笥 / 95
  • 第五節 神戶簞笥 / 98
  • 第六節 東北地方の簞笥 / 100
  • 第七節 北陸方面の簞笥 / 106
  • 第八節 中國と九州方面の簞笥 / 108
  • 第四章 東京式簞笥の製作法 / 110
  • 第一節 東京簞笥木取の順序 / 110
  • 第二節 東京簞笥の製作法 / 117
  • 第三節 東京簞笥の端喰戶及框戶の造り方 / 138
  • 第四節 東京簞笥各種木地寸法及階級によつての木厚 / 145
  • 第五節 糊と虫害に就て / 149
  • 第六節 簞笥用木釘 / 152
  • 第七節 鉋臺の直し方と使用上の注意 / 154
  • 第五章 着色及仕上法 / 157
  • 第一節 東京簞笥の着色仕上材料 / 157
  • 第二節 着色に就て / 160
  • 第三節 やしやぶし煮汁の製法 / 163
  • 第四節 材質及氣候によつての着色上の注意 / 165
  • 第五節 蠟の使用法 / 166
  • 第六章 簞笥用金具 / 168
  • 第一節 簞笥金具の變遷 / 168
  • 第二節 簞笥金具と其の選擇 / 169
  • 第三節 簞笥金具着色法 / 170
  • 第四節 金具取付上の注意 / 174
  • 第七章 婚禮調度品 / 182
  • 第一節 婚禮調度品に就て / 182
  • 第二節 簞笥据付方と取扱上の注意 / 191
  • 第三節 油簞及風呂敷 / 193
  • 第四節 簞笥運搬と荷造り / 196
  • 第五節 和家具の近代化 / 198

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 模範日本箪笥の意匠と其製作の仕上法
著作者等 松本 朝之助
書名ヨミ モハン ニホン ダンス ノ イショウ ト ソノ セイサク ノ シアゲホウ
出版元 中央工学会
刊行年月 1934.11
ページ数 204p 図版13枚
大きさ 23cm
NCID BA47620545
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83090581
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想