手にとるように銀行がわかる本

岩崎博充 著 ; 地域金融研究所 監修

銀行は、経済の中心にいて、「経済の血液」であるお金の流れを動かしています。本書は、銀行の役割と機能、多様化する金融サービス、本店・支店の組織・業務、銀行員の仕事、メガバンク、信託、地銀、信金、信組…金融政策、銀行行政、業界再編まで、銀行の最新事情をわかりやすく解説しました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ニュースからみえる銀行の今の姿
  • 2 銀行は経済を動かす中心的な存在
  • 3 銀行の種類と役割をみてみよう
  • 4 銀行の3大業務と儲けのしくみ
  • 5 銀行の企業向けビジネス
  • 6 銀行の個人向けサービス
  • 7 銀行の組織と業務はどうなっている?
  • 8 支店の組織と業務をみてみよう
  • 9 銀行業界はこれからどうなっていく?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 手にとるように銀行がわかる本
著作者等 地域金融研究所
岩崎 博充
書名ヨミ テニトル ヨウニ ギンコウ ガ ワカル ホン
出版元 かんき
刊行年月 2011.1
ページ数 235, 4p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7612-6728-5
NCID BB0490812X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21947620
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想