医師の診療過誤に就て

丸山正次 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 緖論 診療過誤の史的考察 / 1
  • 本論
  • 第一編 診療過誤 / 12
  • 第一章 總說 / 12
  • 第一、診療過誤の槪念 / 12
  • 第二、診療過誤の意義 / 15
  • 第二章 診療過誤の成立要件 / 16
  • 第一節 客觀的要件 / 17
  • 第一款 醫術 / 17
  • 第一項 醫術の槪念 / 17
  • 第二項 醫術と醫業との關係 / 19
  • 第一、醫業の意義 / 19
  • 第二、醫師 / 20
  • 第三、醫術と醫業 / 21
  • 第三項 醫術の範圍 / 22
  • 第四項 診療の基礎 / 24
  • 第一目 刑法より見たる診療行爲 / 24
  • 第一、診療行爲の適法性 / 24
  • 第二、診療行爲と承諾 / 31
  • 第三、緊急診療 / 35
  • 第二目 民法より見たる診療行爲 / 40
  • 第一、診療契約 / 40
  • 第二、診療契約の範圍 / 44
  • 第三、診療契約と診療の方法 / 47
  • 第四、事務管理 / 49
  • 第二款 侵害行爲 / 50
  • 第三款 不結果の發生 / 51
  • 第四款 因果關係 / 53
  • 第五款 違法性阻却事由の不存在 / 64
  • 第二節 主觀的要件 / 65
  • 第一款 責任能力 / 66
  • 第二款 過失 / 67
  • 第三章 診療過誤に因る刑事責任 / 83
  • 第一節 業務上過失殺傷罪の成立要件 / 83
  • 第二節 刑 / 85
  • 第三節 我國最近十年間における刑事事件表 / 87
  • 第四章 診療過誤に因る民事責任 / 91
  • 第一節 總說 / 91
  • 第二節 損害賠償の當事者 / 92
  • 第一款 損害賠償の權利者 / 92
  • 第二款 損害賠償の義務者 / 93
  • 第一項 自己の行爲 / 93
  • 第二項 被用者の行爲 / 94
  • 第三項 共同不法行爲 / 97
  • 第四項 心神喪失者の行爲 / 98
  • 第五項 官吏たる醫師の責任 / 99
  • 第三節 診療過誤の效果 / 103
  • 第四節 診療過誤に基く免責約款の效力 / 105
  • 第五節 不法行爲と債務不履行との關係 / 109
  • 第六節 損害賠償請求權の消滅 / 110
  • 第二編 診療過誤訴訟槪論 / 111
  • 第一章 總說 / 111
  • 第二章 診斷の過誤に就て / 118
  • 第三章 新藥の使用に就て / 123
  • 第四章 所謂特異體質に就て / 127
  • 第五章 證據に關する考案 / 132
  • 附錄
  • 診療過誤事件判決集
  • 内科小兒科篇 / 143
  • 民事の部 / 143
  • 產婦人科外科篇 / 239
  • 民事の部 / 239
  • 刑事の部 / 286
  • 眼科篇 / 312
  • 民事の部 / 312
  • 皮膚科、耳鼻科、精神病科篇 / 334
  • 民事の部 / 334

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 医師の診療過誤に就て
著作者等 丸山 正次
書名ヨミ イシ ノ シンリョウ カゴ ニ ツイテ
書名別名 Ishi no shinryo kago ni tsuite
シリーズ名 司法研究報告書集 ; 第18輯 4
出版元 司法省調査課
刊行年月 1934.3
ページ数 2, 7, 378p
大きさ 22cm
NCID BA29969262
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88090195
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想