平安初期裏面より見たる日本歴史

久米邦武 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一卷 女子敎育と皇后の位置
  • 第一章 女子敎育の槪論 / 1
  • 第二章 中古の宮中に女學の有無 / 7
  • 第三章 女子假名文の發達 / 14
  • 第四章 良峯宗貞遁世して僧侶と爲る / 18
  • 第五章 五條大后と遍昭との俗緣 / 25
  • 第六章 淳和皇后の賢德と悲境 / 30
  • 第七章 淳和帝以後崩時に出家の男女多し / 37
  • 第二卷 藏人所及男女の別と小野篁
  • 第八章 藏人所は天子の文書を掌る / 44
  • 第九章 藏人頭は天子の機密に與る / 49
  • 第十章 夫婦男女の倫理觀 / 53
  • 第十一章 家庭內外の別と藏人頭 / 60
  • 第十二章 小野篁の才學 / 64
  • 第十三章 篁の學問と時風の關係 / 70
  • 第十四章 律令と遷都の關係及び平安京の繁榮 / 76
  • 第三卷 伴善男小野小町及び下女問題
  • 第十五章 伴の善男の素性と初任 / 83
  • 第十六章 善男の法律抗議 / 89
  • 第十七章 惟仁親王太子を立て藤原氏榮ふ / 93
  • 第十八章 小野小町が傳說の謬妄 / 99
  • 第十九章 玉造小町と小野小町 / 105
  • 第二十章 下女問題 / 113
  • 第四卷 女權の消長と紀氏藤氏の軋轢
  • 第二十一章 妻妾問題 / 122
  • 第二十二章 文德天皇女御紀靜子藤原明子 / 127
  • 第二十三章 女房の品位と嫡庶の別 / 134
  • 第二十四章 紀氏の藤原氏に對する勢力 / 137
  • 第二十五章 文德天皇太子を替へんとし暴崩 / 143
  • 第二十六章 五條太后の政治を伴善男補佐す / 149
  • 第五卷 在原業平並に繼嗣問題
  • 第二十七章 在原業平と惟喬親王 / 156
  • 第二十八章 繼嗣問題と業平の資格 / 160
  • 第二十九章 業平の人格と好色 / 165
  • 第三十章 業平と伊勢物語 / 172
  • 第三十一章 業平の東下りと高子の艶聞 / 179
  • 第三十二章 業平の浮說を大學者もいふ / 184
  • 第三十三章 業平結婚の正說 / 190
  • 第六卷 王黨の陰謀と應天門事件
  • 第三十四章 王黨と當時の文學者の勢力 / 198
  • 第三十五章 應天門事件と善男の蹉趺(上) / 203
  • 第三十六章 應天門事件と善男の蹉趺(中) / 209
  • 第三十七章 應天門事件と善男の蹉趺(下) / 215
  • 第三十八章 王氏遂に衰ふ / 221
  • 第三十九章 都良香、紀有常、並に新進文學者 / 227
  • 第七卷 淸和帝の讓位、陽成帝の廢位に至る內幕
  • 第四十章 准三后と善男の慧眼(上) / 236
  • 第四十一章 准三后と善男の慧眼(下) / 241
  • 第四十二章 淸和天皇の讓位と外戚の跳梁 / 246
  • 第四十三章 淸和御遁世の內幕 / 253
  • 第四十四章 何が故の陽成帝の廢位ぞ / 258
  • 第四十五章 陽成帝の素行と光孝帝の擁立 / 266
  • 第八卷 菅原道眞の左遷に至る內情
  • 第四十六章 貴族の地方勢力扶殖 / 273
  • 第四十七章 王藤兩勢力と阿衡の詔 / 282
  • 第四十八章 菅原道眞(上) / 286
  • 第四十九章 菅原道眞(中) / 293
  • 第五十章 菅原道眞(下) / 299
  • 第五十一章 裏面觀に着想せる由來 / 304

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 平安初期裏面より見たる日本歴史
著作者等 久米 邦武
書名ヨミ ヘイアン ショキ リメン ヨリ ミタル ニホン レキシ
書名別名 Heian shoki rimen yori mitaru nihon rekishi
出版元 古今堂書店
読売新聞社
刊行年月 1911.1
ページ数 308p
大きさ 23cm
NCID BN14735215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20524745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想