我社の最近二十年史 : マツダ新報二十周年記念

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 二十年間に於ける我社の活動
  • 一 我社の創立 / 1
  • 二 東京白熱電燈球製造株式會社時代 / 3
  • 三 「東京電氣株式會社」の誕生 / 5
  • 四 日露戰爭前後 / 7
  • 五 川崎へ本社を移す / 8
  • 六 社業の擴張 / 11
  • 七 大井工場の新設 / 13
  • 八 炭素電球よりタングステン電球へ / 15
  • 九 販賣組織の擴張 / 18
  • 一〇 マツダ新報の創刊 / 21
  • 一一 ガス入電球の發賣 / 23
  • 一二 メートル及び照明器具の製造 / 25
  • 一三 硏究所の設置 / 29
  • 一四 レントゲン管球の製造 / 32
  • 一五 眞空管の製造 / 34
  • 一六 無線電信電話機の製造 / 38
  • 一七 マツダ照明學校の開設 / 39
  • 一八 大量生產の旗幟の下 / 41
  • 我國に於ける白熱電燈の進步
  • 一 緖言 / 44
  • (イ)我國最初の電球製造 / 45
  • (ロ)ゼム(金屬化炭素)電球の發達 / 47
  • (ハ)我國のゼム電球 / 49
  • 二 我國に於けるタングステン電球の製造 / 50
  • (イ)我國に於けるタングステン纎條の製造 / 52
  • (ロ)我國のガス入電球製造 / 53
  • 三 內面艶消電球の發達 / 55
  • (イ)其出現の必然性 / 55
  • (ロ)擴散ガラスと內面艶消電球 / 56
  • (ハ)內面半艶消電球の發達 / 60
  • 四 電球諸材料の變遷 / 61
  • (イ)導入線の發達 / 61
  • (ロ)口金の發達 / 63
  • (ハ)ガラス球及びガラス管の發達 / 64
  • 五 白熱電燈最近の發達 / 66
  • (イ)大型電球界の進步 / 66
  • (ロ)小型電球界の進步 / 79
  • (ハ)電球品種の標準化 / 83
  • 六 放電管燈の發達 / 85
  • (イ)放電管硏究の沿革 / 85
  • (ロ)我國に於ける放電管製造 / 87
  • 我國電燈照明界の進步
  • 一 我社照明課の沿革 / 90
  • 二 照明學校 / 92
  • 三 住宅照明 / 110
  • 四 商店照明 / 116
  • 五 工場照明 / 122
  • 六 街路照明 / 132
  • 七 電氣サイン / 143
  • 八 投光照明 / 147
  • 九 航空燈臺 / 155
  • 一〇 映畫スタヂオの照明 / 160
  • 一一 交通照明 / 164
  • 一二 照明實驗室 / 174
  • 眞空管竝に無線關係に於ける我社の寄與
  • 一 黎明時代 / 183
  • 二 受信用眞空管 / 185
  • 三 送信用眞空管 / 192
  • 四 無線送受信機 / 197
  • 五 結言 / 204
  • 我社硏究所の業績
  • 一 我社硏究所の槪況 / 207
  • 二 電球に關する硏究 / 211
  • 三 タングステン纎條に關する硏究 / 215
  • 四 化學材料・化學製品に關する硏究 / 219
  • 五 硝子・耐火物に關する硏究 / 230
  • 六 眞空管に關する硏究 / 238
  • 七 無線電信電話送受信機に關する硏究 / 245
  • 八 放電管に關する硏究 / 249
  • 九 光電管竝にブラウン管に關する硏究 / 254
  • 一〇 光電管の應用に關する硏究 / 259
  • 一一 X線管球に關する硏究 / 265
  • 一二 X線裝置及び物理療法裝置 / 270

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 我社の最近二十年史 : マツダ新報二十周年記念
著作者等 東京電気株式会社
書名ヨミ ワガシャ ノ サイキン ニジュウネンシ
書名別名 Wagasha no saikin nijunenshi
出版元 東京電気
刊行年月 1934
ページ数 275p 図
大きさ 23cm
NCID BN05692687
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70014144
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想