パリが愛した娼婦

鹿島茂 著

シャンゼリゼ、ブローニュの森、アパルトマン。資本主義の発達と共に、娼婦たちが街を闊歩しはじめた。19世紀のパリを彩った欲望の文化に迫る。小説、写真、豊富な資料で綴る娼婦の文化史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1(娼婦の家計簿
  • 「高級」娼婦の家計簿 ほか)
  • 2(ヒモの存在
  • ヒモはなぜ必要なのか ほか)
  • 3(売春と資本主義
  • 衣食足りて、変態を知る ほか)
  • 4(モーパッサンが描いたメゾン・クローズ
  • 『メゾン・フィリベール』 ほか)
  • 5(ブローニュの森の貴婦人たち
  • パリ売春地図 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリが愛した娼婦
著作者等 鹿島 茂
書名ヨミ パリ ガ アイシタ ショウフ
書名別名 Paris sourit aux filles de joie

Pari ga aishita shofu
出版元 角川学芸 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2011.1
ページ数 237p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-653221-3
NCID BB05091795
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21891277
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想