力学  2

中野徹 著

本書は、連続体の力学を取り扱う。初等力学では、物体を質点ととらえて運動を解析するが、実際の物体は広がりをもち、広がりが重要になるとき役立つのが連続体の概念である。本書では、剛体、弾性体、流体を取り上げる。物体を構成する分子を空間的にならした連続体としてとらえて、巨視的な粒子の運動を考えることで、これらの物体の運動を統一的に解析するとともに、剛体、弾性体、流体のそれぞれ異なる性質に基づいて運動方程式を導く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 剛体の運動(剛体の運動方程式
  • 慣性モーメント ほか)
  • 2 弾性体の運動(物体の変化と応力
  • 深い梁の変形 ほか)
  • 3 流体の運動1(基礎方程式
  • 非粘性流体)
  • 4 流体の運動2(粘性流体
  • 対流とカオス)
  • 付録A 役に立つ数学公式

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 力学
著作者等 中野 徹
岡村 浩
書名ヨミ リキガク
シリーズ名 パリティ物理教科書シリーズ
巻冊次 2
出版元 丸善
刊行年月 2011.1
ページ数 156p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-621-08341-3
NCID BB04721490
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21889885
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想