国際経済の競合地帯に関する研究

中村良之助 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 ナイル流域の經濟的開拓の現勢 / 1
  • 第一 序 / 1
  • 第二 ナイル谿谷の自然的性狀-灌漑工作の基礎として觀る- / 2
  • 第三 本支流の流水情況と其相互間の作用 / 4
  • 第四 ナイル農業の甦生と近代式灌漑法の發達 / 7
  • 第五 ナイルの溪水に榮える農業社會-棉花栽培の盛況と其他の農業- / 12
  • 第六 耕地問題-農民の分布と人口問題- / 17
  • 第二章 アフリカ大陸の世界經濟界に占むる地位 / 27
  • 第一 アフリカ貿易の現狀と將來-アフリカ經濟の計數的測定への一助- / 27
  • 第二 アフリカ貿易と他の大陸貿易との比較-世界貿易に於けるアフリカ貿易の相對的地位- / 32
  • 第三 アフリカ貿易に對する歐洲列强の優先的地位 / 35
  • 第四 アフリカ諸產業と歐洲市場との關係-歐阿貿易尻の現在と將來- / 40
  • 第五 アフリカ經濟市場の獨占に關する歐洲の地位と數個の疑點-特に歐洲の覇權の確保に就いて- / 53
  • 第三章 輓近世界鑛業界の展望 / 89
  • 第一 鑛產品に對する需給の增加と鑛產價値の創造 / 89
  • 第二 將來の鑛業の分布-鑛業地理の變化- / 99
  • 第三 鑛業と國家の地位 / 105
  • 第四 鑛業資源に對する世界各國家の統整情態 / 125
  • 第四章 回敎徒の世界と世界政治及經濟との關連 / 127
  • 第一 回敎徒の分布 / 127
  • 第二 回敎徒居住地帶に共通する氣候と地貌上の特異 / 128
  • 第三 制海權と回敎徒世界 / 131
  • 第四 沙漠 / 132
  • 第五 回敎世界の世界政治經濟的地位 / 134
  • 第六 宗敎上の結社 / 138
  • 第七 世界經濟界に於ける回敎世界の資源槪略 / 140
  • 第八 遊牧生活の樣相 / 143
  • 第九 遊牧地帶の狹隘化 / 145
  • 第十 遊牧社會の農業化と牧畜の企業化 / 147
  • 第十一 アジア遊牧人社會と我國との因緣 / 148
  • 第五章 新疆の聖地 吐魯番 / 160
  • 第一 支那回敎徒の獨立運動の旗地-問題の中心地 トロハン- / 160
  • 第二 新疆省域の二特相 / 165
  • 第六章 ソビヱツト聯邦の現勢 / 171
  • 第一 聯邦の名稱と地理學的意義 / 171
  • 第二 人口及民族に就いての觀察 / 177
  • 第三 U.S.S.R.の現境界=國境線 / 191
  • 第四 ユーラシア大陸に對するソビヱツト聯邦地域の特質と其地理上の區分 / 196
  • 第五 蘇聯邦の經濟的發展の槪觀 / 201
  • 第七章 シオニズム ユダヤ民族運動 / 211
  • 第一 序 / 211
  • 第二 シオン思想 / 214
  • 第三 シオニストの編成 / 219
  • 第四 シオニズムの意義 / 220
  • 第五 シオニズムと新アラビアの民族諸運動との關係 / 223
  • 第八章 西藏の地域の紹介 / 225
  • 第一 歷史上及制度上から見た西藏と支那との關係 / 226
  • 第二 西藏の地域と地勢 / 228
  • 第三 問題の原因としてのチベツト漸移地帶 / 229
  • 第四 西藏の名稱と範圍 / 231
  • 第五 現在のチベツトの地位 / 233
  • 第六 結論 / 241
  • 第九章 佛人の觀たるザール問題-民族域と移住地の問題- / 245
  • 第一 ザール人民投票の意義 / 245
  • 第二 ザール盆地の位置 / 251
  • 第三 ザール人民投票の民族的意義 / 262

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 国際経済の競合地帯に関する研究
著作者等 中村 良之助
書名ヨミ コクサイ ケイザイ ノ キョウゴウ チタイ ニ カンスル ケンキュウ
書名別名 Kokusai keizai no kyogo chitai ni kansuru kenkyu
出版元 大同書院
刊行年月 1936
ページ数 269p 地図
大きさ 23cm
NCID BN10609354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60003415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想