金問題研究

松岡孝児 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 金爲替準備論 / 1
  • 第一節 金爲替準備に就いて / 1
  • 一 序言 / 1
  • 二 金爲替準備の内容 / 3
  • 三 金爲替準備と金本位 / 7
  • 四 金の生產 / 11
  • 五 金の分配 / 20
  • 六 金の移動 / 22
  • 七 金爲替準備の得失 / 24
  • 八 結言 / 29
  • 第二節 金爲替準備への再吟味 / 34
  • 一 序言 / 34
  • 二 金爲替準備の根據 / 36
  • 三 金爲替準備の作用態への吟味 / 39
  • 四 金爲替準備に於ける假定の背理 / 46
  • 五 金爲替準備に對する修正 / 50
  • 六 結言 / 59
  • 第二章 金問題の實踐と理論 / 61
  • 第一節 英佛金問題論爭 / 61
  • 一 金問題の重要性 / 61
  • 二 英佛兩國の主張 / 64
  • 三 結言 / 75
  • 第二節 英佛金問題の實踐と理論 / 77
  • 一 序言 / 77
  • 二 事實上の批判 / 81
  • 三 理論上の批判 / 84
  • 四 結言 / 89
  • 第三節 金問題と國際聯盟 / 92
  • 一 序言 / 92
  • 二 イギリス金本位と國際聯盟 / 96
  • 三 金問題の將來 / 103
  • 四 結言 / 105
  • 附 我國通貨制度の將來 / 109
  • 第三章 金數量說論 / 115
  • 第一節 金數量說に就いて / 115
  • 一 序言 / 115
  • 二 金委員會に於ける金數量說の意義 / 119
  • 三 金數量說の内容 / 122
  • 四 金數量說機構上の特色並に其の批判 / 135
  • 五 結言 / 149
  • 六 餘言 / 151
  • 附 貨幣數量說への一考察 / 152
  • 第二節 金數量說の發展に就いて / 165
  • 一 序言 / 165
  • 二 發展の第一段階に於ける金數量說 / 166
  • 三 發展の第二段階に於ける金數量說 / 174
  • 四 發展の第三段階に於ける金數量說 / 179
  • 五 結言 / 185
  • 第三節 金數量說批判 / 189
  • 一 序言 / 189
  • 二 問題の出發點-金數量說の見方-金を以つて貨幣なりとする見方 / 192
  • 三 金を以つて商品なりとする見方 / 202
  • 四 金を以つて貨幣商品なりとする見方 / 210
  • 五 結言 / 217
  • 第四章 クレヂツトと信用統制 / 219
  • 第一節 クレヂツトに就いて / 219
  • 一 序言 / 219
  • 二 貨幣價値安定手段としてのクレヂツトの地位 / 222
  • 三 課題としてのクレヂツトの意義 / 227
  • 四 クレヂツトの設定及び使用 / 234
  • 五 結言 / 251
  • 第二節 信用統制に就いて / 253
  • 一 序言 / 253
  • 二 割引率による信用統制 / 256
  • 三 割引率による信用統制の轉向 / 259
  • 四 一般物價水準による信用統制 / 266
  • 五 中央銀行と信用統制 / 268
  • 六 信用の質的統制 / 270
  • 七 結言 / 275
  • 附錄 著者名索引 / 1
  • 金問題參考文獻(歐文) / 1

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 金問題研究
著作者等 松岡 孝児
書名ヨミ キン モンダイ ケンキュウ
出版元 有斐閣
刊行年月 1933
ページ数 277p
大きさ 23cm
NCID BN05987512
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
54005359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想