現代財政学の理論 : 既成体系の批判と反省

永田清 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇
  • 第一章 共同欲望論の財政學 / 1
  • 第一節 財政學上の基本問題 / 1
  • 第二節 欲望論財政學の諸類型 / 6
  • 第三節 共同欲望と社會組織 / 15
  • 第四節 集團の類型と財政 / 29
  • 第五節 批判と反省 / 38
  • 第二章 全體主義の財政學 / 44
  • 第一節 財政の支配性 / 44
  • 第二節 全體主義の社會觀 / 51
  • 第三節 全體主義に於ける國家經濟の槪念 / 65
  • 第四節 全體主義に基く財政總論 / 71
  • 第五節 全體主義財政學の批判 / 90
  • 第三章 目的論の財政學 / 99
  • 第一節 財政學とテレオロギー的考察 / 99
  • 第二節 テレオロギーの思惟形式と經濟理論 / 104
  • 第三節 個人經濟の理論と經濟組織論 / 117
  • 第四節 目的論の財政理論とその批判 / 123
  • 第四章 功利主義の財政學 / 138
  • 第一節 功利主義と租稅配分 / 138
  • 第二節 功利主義槪觀 / 142
  • 第三節 功利主義と平等犧牲說 / 161
  • 第四節 功利主義と最小犧牲說 / 170
  • 後篇
  • 第五章 財政學の社會理論 / 189
  • 第一節 財政學の社會理論的基礎 / 189
  • 第二節 財政學の社會學的究明 / 197
  • 第三節 財政社會學への發足 / 203
  • 第四節 ゴオルドシャイドの財政社會學とその批判 / 212
  • 第六章 財政社會學の展開 / 226
  • 第一節 財政社會學の課題 / 226
  • 第二節 イェヒトの財政本質論 / 237
  • 第三節 イェヒトの財政類型論とその批判 / 252
  • 第四節 ズルタンの財政社會學論 / 271
  • 第七章 二元的經濟組織論 / 285
  • 第一節 組織分類の基準 / 285
  • 第二節 二元的經濟組織論槪觀 / 295
  • 第三節 財政の類型とその發展階梯 / 308
  • 第四節 市場經濟と公共經濟 / 322
  • 第八章 財政學の政治的性格 / 334
  • 第一節 財政と國家機能 / 334
  • 第二節 カメラリズムの政治的性格 / 340
  • 第三節 自由主義財政思想の政治的性格 / 348
  • 第四節 社會政策的財政思想の政治的性格 / 357
  • 第五節 政治社會學及び搾取說・勢力說に基く財政學の政治的性格 / 365
  • 第六節 財政組織論の政治的性格 / 378

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代財政学の理論 : 既成体系の批判と反省
著作者等 永田 清
書名ヨミ ゲンダイ ザイセイガク ノ リロン : キセイ タイケイ ノ ヒハン ト ハンセイ
出版元 岩波書店
刊行年月 1941
ページ数 385p
大きさ 22cm
NCID BN11292570
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
53011627
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想