支那幣制論 : その興廃と再建

飯島幡司 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 貨幣の生成 / 1
  • 第一節 貨幣と文獻 / 1
  • 第二節 皮幣 / 6
  • 第三節 貝貨 / 20
  • 第四節 布と刀 / 25
  • 第五節 圜錢 / 37
  • 第六節 金と銀 / 47
  • 第七節 紙幣 / 51
  • 第二章 民國革命前後の幣制 / 63
  • 第一節 銀貨層と銅貨層 / 63
  • 第二節 金屬貨幣 / 76
  • 第三節 紙幣 / 88
  • 第三章 法幣以前の發券制度 / 92
  • 第一節 票號と錢莊 / 93
  • 第二節 外籍銀行と華商銀行 / 98
  • 第三節 國家銀行と省市銀行 / 104
  • 第四節 發券準備制度 / 118
  • 第四章 法幣以前の幣制改革 / 132
  • 第一節 幣制改革諸案 / 132
  • 第二節 海關金單位の制定 / 152
  • 第三節 廢兩改元 / 158
  • 第五章 銀本位制の崩壞 / 163
  • 第一節 米國の銀政策 / 163
  • 第二節 支那の銀恐慌 / 186
  • 第六章 法幣の制定 / 221
  • 第一節 革新的情勢の進展 / 221
  • 第二節 緊急幣制令 / 225
  • 第三節 貨幣價値の安定 / 231
  • 第四節 本位貨幣の統一 / 245
  • 第五節 發券準備の集中 / 251
  • 第六節 滿洲國幣制との類似 / 258
  • 第七節 米支銀協定 / 262
  • 第七章 國民政府の戰時通貨政策 / 278
  • 第一節 國内金融の統制 / 278
  • 第二節 外國爲替の統制 / 297
  • 第三節 幣制と戰費 / 311
  • 第八章 新興政權の幣制 / 325
  • 第一節 蒙疆の幣制 / 325
  • 第二節 國内通貨としての聯銀券 / 331
  • 第三節 北支の爲替集中制 / 350
  • 第四節 貿易通貨としての華興券 / 360
  • 第九章 中央儲備銀行と新法幣 / 371
  • 第一節 中央儲備銀行の設立 / 371
  • 第二節 財政通貨としての儲備券 / 374
  • 第三節 舊法幣から新法幣へ / 379
  • 第十章 經濟聯繫と通貨聯繫 / 387
  • [索]引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那幣制論 : その興廃と再建
著作者等 飯島 幡司
書名ヨミ シナ ヘイセイロン : ソノ コウハイ ト サイケン
書名別名 Shina heiseiron
出版元 有斐閣
刊行年月 1943 2版
版表示 増訂版
ページ数 400p
大きさ 22cm
NCID BN09068676
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
60010526
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想