フィリッピン・マライ貨幣史

大内兵衛 訳著

E.W.Kemmerer著「近代通貨改革論」およびG.F.Luthringer著「フィリッピンにおける金為替本位」の中より訳編

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき / 1
  • 第一篇 フィリッピン幣制史
  • 序說 / 1
  • 第一章 アメリカ占領前の通貨狀況 / 16
  • 第二章 軍政治下の通貨問題 / 29
  • 第三章 價値下落する銀本位の不便 / 65
  • 第四章 恒久的幣制改革の提案 / 101
  • 第五章 フィリツピン新幣制要項 / 123
  • 第六章 地方通貨の引上げ / 136
  • 第七章 銀價の騰貴による新幣制の危機 / 168
  • 第八章 改鑄 / 185
  • 第九章 一九〇六-一九〇九年の改鑄法以後における金本位基金 / 194
  • 第十章 ヨーロッパ戰爭當時における銀價の騰貴と貨幣法の改正 / 221
  • 第十一章 一九一八-一九二二年における通貨準備基金 / 232
  • 第十二章 フィリツピン・ナショナル・バンクと通貨準備基金との關係 / 240
  • 第十三章 一九一九-一九二二年における通貨及び爲替恐慌 / 252
  • 第十四章 金爲替本位の復位とフィリツピン・ナショナル・バンクの改造 / 278
  • 第十五章 一九二三年以後における幣制の狀況とそれに關する問題 / 283
  • 第十六章 要約 / 306
  • 附錄
  • マニラの諸銀行が公衆の合衆國通貨預金を好まざることについて / 315
  • 第二篇 海峽植民地の幣制改革
  • 第一章 一九〇三年前の海峽植民地の通貨 / 323
  • 第二章 採用された新幣制 / 339
  • 第三章 弗相場の二十八ペンスへの引上げ / 348
  • 第四章 弗を二八ペンスにまで引上げた結果 / 369
  • 第五章 銀價の騰貨と通貨保護の方法 / 399
  • 第六章 金爲替本位の採用 / 407

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 フィリッピン・マライ貨幣史
著作者等 Kemmerer, Edwin Walter
Luthringer, George F.
大内 兵衛
書名ヨミ フィリッピン マライ カヘイシ
シリーズ名 建設選書 ; 第1
出版元 栗田書店
刊行年月 1943
ページ数 421p
大きさ 19cm
NCID BN07338645
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57013415
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想