支那の通貨と貿易

日本学術振興会満蒙支経済第2特別委員会支那通貨特別分科会 編

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • はしがき 土方成美
  • 支那幣制を繞る國際訌爭 飯島幡司
  • 一 セザルとデナリオ / 3
  • 二 外國勢力侵入の舞臺 / 5
  • 三 外國銀元と自鑄銀元 / 8
  • 四 改革の氣運は海外から / 10
  • 五 關金と蔣政權の財政 / 12
  • 六 銀元制による財界制覇 / 15
  • 七 法幣制度の對外依存制 / 17
  • 八 法幣制度と英米の葛藤 / 20
  • 九 事變の機因と法幣 / 22
  • 十 物的準備か政治力か / 23
  • 中支那における物資統制 尾形繁之
  • 一 序言 / 29
  • 二 日本對圓域貿易調整の發展 / 30
  • 三 中支對圓域貿易調整の展開 / 35
  • 四 中支對内蒐配調整の展開 / 57
  • 支那事變と經濟作戰-最近支那經濟問題の基底にあるもの- 金田近二
  • 一 緖言 / 67
  • 二 現段階に於ける支那事變の性格 / 67
  • 三 經濟作戰の意義 / 73
  • 四 支那事變に於ける通貨戰の構造 / 77
  • 五 中支に於ける經濟作戰の近狀と諸問題 / 83
  • 中國通貨機構の特殊性 小島昌太郞
  • 一 まへがき / 93
  • 二 現金通貨の非單一性 / 94
  • 三 銀行預金の多種併立性 / 98
  • 四 預金通貨の非交流性 / 102
  • 五 通貨機構の平行二平面性 / 110
  • 六 通貨機構特殊性の成因 / 113
  • 東亞通貨問題の一斷面 高田保馬 / 119
  • 國民政府の財政經濟政策 高垣寅次郞
  • 一 南京國民政府の成立 / 145
  • 二 國民政府の財政政策 / 147
  • 三 國民政府の貨幣政策 / 151
  • 四 國民政府の產業政策 / 157
  • 五 國民政府の淸鄕工作 / 164
  • 支那に於ける金取引 土屋計左右
  • 序 / 171
  • 第一章 開港前の金小史 / 177
  • 第二章 上海金業交易所史 / 180
  • 第三章 標金取引制度 / 191
  • 第四章 舊國民政府の金政策 / 203
  • 第五章 上海金取引の現狀 / 217
  • 附錄 / 230
  • 日滿支の物價關係 本位田祥男 近藤騖
  • 第一節 序說 / 239
  • 第二節 滿洲國物價變動の趨勢 / 241
  • 第三節 北支の物價情勢 / 254
  • 第四節 北支に於ける物價騰貴の原因 / 283
  • 結語 / 308
  • 東亞共榮圈の通貨および爲替體制-支那を中心として- 增井光藏 松井榮一 / 311
  • 北支對日貿易の推移 油本豐吉
  • はしがき / 333
  • 第一節 緖論-北支貿易の推移- / 340
  • 第二節 北支貿易綜觀 / 357
  • 附表目次

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 支那の通貨と貿易
著作者等 日本学術振興会
日本学術振興会満蒙支経済第2特別委員会支那通貨特別分科会
書名ヨミ シナ ノ ツウカ ト ボウエキ
出版元 有斐閣
刊行年月 1942
ページ数 402p
大きさ 22cm
全国書誌番号
65007688
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想