通貨管理研究

高島佐一郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一部 總論-經濟統制との關聯性 / (1)
  • 第一章 經濟政策・通貨政策の關聯的推移 / (3)
  • 第二章 經濟統制と通貨管理 / (53)
  • 第一節 特定國には末だ經濟統制强化の傾向 / (53)
  • 第二節 經濟恐慌と經濟統制と通貨管理との相關關係 / (67)
  • 第三節 革新に向つての經濟統制と通貨管理との有する比較的重要性 / (81)
  • 第三章 經濟統制・通貨管理の政策目標の埓外にある諸矛盾 / (109)
  • 第一節 持てる國と持たない國との政策效果上の差異 / (109)
  • 第二節 國家と國民大衆との帶びる負擔の重壓 / (122)
  • 第三節 國民所得の一人當り收得上の大偏在 / (134)
  • 第二部 歷史編-實證的硏究 / (153)
  • 第四章 通貨管理發展の史的必然 / (155)
  • 第一節 通貨管理が卽ち經濟政策一應の歸趨 / (155)
  • 第二節 世界經濟恐慌脫出と通貨管理との史的槪觀 / (192)
  • 第五章 通貨管理下の諸國經濟囘復の態勢 / (241)
  • 第一節 諸國別に主題を再吟味することの重要性 / (241)
  • 第二節 通貨管理基礎上の諸國經濟囘復の槪觀 / (255)
  • 第三節 通貨管理下の囘復が十年前の繁榮と異る特徵 / (276)
  • 第六章 通貨管理下の諸國爲替水準の再調整の態勢 / (295)
  • 第一節 英米の通貨管理から英米佛通貨協定(爲替平衡資金ブロツク)への發展 / (295)
  • 第二節 爲替平衡資金的通貨管理の國際的普及とその中心勢力 / (332)
  • 第七章 爲替・物價・國際債權の系列化の現情勢 / (355)
  • 第一節 諸國の爲替水準の系列化の現情勢 / (355)
  • 第二節 主要國物價水準の系列化 / (382)
  • 第三節 世界の債權國民債務國民の系列化 / (396)
  • 第四節 最近二十年の通貨政策の主目標を劃せる三つの發展段階 / (420)
  • 第三部 文獻的理論編-思想史的硏究 / (427)
  • 第八章 この編に先立つての若干の言葉 / (429)
  • 第一節 思想史的にみた通貨管理發展の序詞 / (429)
  • 第二節 通貨管理への開拓者的理論付け / (431)
  • 第九章 ヂエノア國際會議通貨決議からマクミラン通貨報吿までの理論の發展 / (445)
  • 第一節 通貨管理の發展を中心としての對立的理論 / (445)
  • 第二節 公報吿協定から瞥見される通貨管理への成熟(附、カンリツフ通貨爲替報吿の批判) / (465)
  • 第三節 ヂエノア國際會議通貨決議の通貨管理觀 / (478)
  • 第四節 二〇年代の米國通貨革新の理論と後年のマクミラン報吿 / (495)
  • 第五節 國際聯盟金委員會報吿の通貨政策觀 / (513)
  • 第六節 マクミラン金融產業委員會報吿とその通貨管理觀 / (524)
  • 第十章 オツタワ通貨協定から三國通貨協定直後までの公文獻を裏付ける理論の發展 / (557)
  • 第一節 偏に通貨管理への理論的發展を示唆する本章各節を先づ槪論する理由 / (557)
  • 第二節 通貨政策の世界經濟國際政治への影響とその逆と / (566)
  • 第三節 スタアリング群れの通貨管理的理論への進展 / (576)
  • 第四節 倫敦世界通貨經濟會議と英米的通貨管理の理論の成長 / (589)
  • 第五節 三國通貨協定への發展と通貨管理理論の成長 / (609)
  • 第六節 金の米國的英國的評價替へ方式などが暗示する通貨管理的理論 / (630)
  • 第四部 理論編-體系的硏究 / (653)
  • 第十一章 戰前の金本位制卽ちスタアリング本位制の解釋 / (655)
  • 第一節 金本位制の本質の管理的解釋 / (655)
  • 第二節 金本位制の機能の管理的解釋 / (670)
  • 第三節 磅スタアリング本位制の運用の管理的解釋 / (681)
  • 第十二章 戰前のスタアリング本位と戰後のドル本位との對照 / (701)
  • 第一節 その抽象的方面としての類型的特徵 / (701)
  • 第二節 二つの本位型の對照における具體的特徵 / (727)
  • 第十三章 再び實證的體系的に觀ての通貨管理 / (759)
  • 第一節 國際投資における二類型と通貨管理 / (759)
  • 第二節 廣行の國際投資型を裹付ける經濟的國民主義の理論 / (779)
  • 第三節 同一動向を示す最近時の通貨管理態樣の一斑 / (784)
  • 第十四章 通貨管理論から通貨管理個別政策論へ / (809)
  • 附錄 通貨管理の硏究の覺え書 / (831)
  • 一 覺え書きの序 / (833)
  • 二 經濟統制との關聯性 / (836)
  • 三 實證的硏究 / (840)
  • 四 思想史的硏究 / (845)
  • 五 體系的硏究 / (852)
  • 六 結びに代へて / (859)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 通貨管理研究
著作者等 高島 佐一郎
書名ヨミ ツウカ カンリ ケンキュウ
書名別名 Tsuka kanri kenkyu
出版元 千倉書房
刊行年月 1940
ページ数 861p
大きさ 23cm
NCID BN1209802X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
57008603
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想