「がまん」するから老化する

和田秀樹 著

人間はいくら歳を取っても、心と体を使い続けることで若い状態を維持できる。一方で、高齢者になればなるほど「使わないときの衰え」は早くなり、「健康のため」と称する無理なダイエットや節制が、老化のスピードを加速させてしまう。つまり、「がまん」ばかりの消極的な生活を送ってはいけないのである。本書は、最新の老年精神医学の知見をもとに「人は感情から老化する」「やせても長生きできない」「もっと肉を食べてもいい」など、アンチエイジングの"新常識"を解説。いつまでも若々しさを保つ生き方の秘訣とは?-。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 老化とは何か(若返る日本人
  • さまざまな老化学説 ほか)
  • 第2章 メタボのウソ(やせると長生きできるのか
  • 現代の日本人には当てはまらない? ほか)
  • 第3章 クロード・ショーシャ博士のアンチエイジングメソッド(中高年以降のやせ願望の悪循環
  • 体を若返らせることでスリムな体に ほか)
  • 第4章 心の若返りの意味(人は感情から老化する
  • 前頭葉の老化予防 ほか)
  • 第5章 がまんは老化の元(ヘタな節制がかえって老化を進める
  • ダイエットすると飢餓レベルに近づく ほか)
  • 第6章 日本人はなぜ若返ったのか?(島耕作と磯野波平
  • 骨だけは老け込んでいる日本人 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「がまん」するから老化する
著作者等 和田 秀樹
書名ヨミ ガマン スル カラ ロウカスル
書名別名 Gaman suru kara rokasuru
シリーズ名 PHP新書 712
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.2
ページ数 248p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-79531-7
NCID BB04510203
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21887659
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想