ボリシェビーキの理論と実際

バートランド・ラッセル 著 ; 前田河広一郎 訳

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • ラツセル私簡
  • 原著者序
  • 譯者序
  • 第一編
  • 有りのままのロシア / (1)
  • 一、ボルシエヴイズムに何を望むべきか / (3)
  • 二、一般の特性 / (15)
  • 三、レニンとトロツキイとゴルキイ / (29)
  • 四、藝術と敎育と / (40)
  • 五、共產主義とソヴイエツト國體 / (75)
  • 六、ロシア產業の失敗 / (85)
  • 七、モスクワの日常生活 / (99)
  • 八、都市と地方と / (107)
  • 九、外交方針 / (116)
  • 第二編
  • ボルシエヴイキの理論 / (131)
  • 一、唯物史觀 / (133)
  • 二、政治に於ける決定力 / (145)
  • 三、デモクラシイに對するボルシエヴイキの批評 / (153)
  • 四、革命と獨裁統治 / (168)
  • 五、機械と個人 / (182)
  • 六、何故ロシアの共產主義は失敗に終つたか / (192)
  • 七、共產主義を成功せしむる諸條件 / (209)

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ボリシェビーキの理論と実際
著作者等 Russell, Bertrand
前田河 広一郎
バートランド・ラッセル
書名ヨミ ボリシェビーキ ノ リロン ト ジッサイ
書名別名 Borishebiki no riron to jissai
出版元 三田書房
刊行年月 1921
ページ数 222p 図版
大きさ 20cm
全国書誌番号
60008338
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想