現代日本文學全集  第36篇

戸川明三 著者代表

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 卷頭寫眞(諸家照影)
  • 序 / 2
  • 大和田建樹篇
  • 大和めぐり / 4
  • 千里の春 / 18
  • 落合直文篇
  • 七株松 / 22
  • 恩愛刃 / 28
  • 弦月旗 / 35
  • 大町桂月篇
  • 迎妻紀行 / 38
  • かた袖 / 42
  • 須磨の一夜 / 51
  • 鹽井雨江篇
  • ゆく水 / 56
  • 笛の音 / 67
  • 武島羽衣篇
  • 金明水 / 74
  • 霧分衣 / 79
  • 龍華寺の富士 / 83
  • 日和つゞき / 86
  • 敎へ子 / 87
  • 歌御會始參列記 / 89
  • 北陸游草 / 90
  • 馬場孤蝶篇
  • 閑時想 / 94
  • 湖畔の秋 / 97
  • 古き東京を思ひ出て / 100
  • 旅客より觀たる大阪 / 106
  • 煙霞になづみて / 111
  • 虛と實 / 115
  • 平田禿木篇
  • 薄命記 / 120
  • 蟬羽子を弔ふ / 125
  • 三日風流 / 127
  • うすむらさき / 134
  • スミルナの花 / 136
  • ル、サントオル / 138
  • ロオリイの生家 / 143
  • 戸川秋骨篇
  • 精進行 / 146
  • 別れ / 157
  • 文鳥 / 161
  • ミネルヴァへ / 166
  • 遲塚麗水篇
  • 不二の高根 / 172
  • 成都道中記 / 177
  • 志賀重昻篇
  • 日本風景論(抄) / 201
  • 緖論 / 202
  • 日本には流水の浸蝕激烈なる事 / 207
  • 柳田國男篇
  • 遊海島記 / 220
  • 木曾より五箇山へ / 228
  • 勢至堂峠より白河へ / 234
  • 熊野路の旅 / 236
  • 丹波市記 / 239
  • 小島烏水篇
  • 不二山に登る記 / 244
  • 峽谷の白百合 / 252
  • 天龍川 / 256
  • ヨセミテ谷と上高地 / 266
  • 吉江孤雁篇
  • 御嶽山の兩面 / 270
  • 霧の旅 / 277
  • 北國の旅 / 284
  • 海洋の旅 / 286
  • 河東碧梧桐篇
  • 雪線踏破七日記程 / 296
  • 阪本四方太篇
  • 夢の如し / 324
  • 篠原温亭篇
  • 波の音 / 354
  • 其妻のピヤノ / 363
  • 彼女と其周圍 / 371
  • 寒川鼠骨篇
  • 進水式 / 384
  • 犬と余 / 390
  • 美哉山林 / 401
  • 諸家略年譜 / 408
  • 附錄
  • 島崎藤村作
  • 春 / 412
  • 嵐 / 532

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 現代日本文學全集
著作者等 戸川 明三
戸川明三 者代表
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ブンガク ゼンシュウ
書名別名 紀行隨筆集 : (附)「春」「嵐」

Gendai nihon bungaku zenshu
巻冊次 第36篇
出版元 改造社
刊行年月 1929.8
ページ数 558p
大きさ 23cm
全国書誌番号
21211151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
島崎藤村 作
日本風景論
島崎藤村 作
紀行隨筆集 :
附録
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想